AGA(男性型脱毛症)の原因と対策方法
薄毛には様々な原因がありますが、特に男性はAGAと呼ばれる症状によって薄毛が進行する可能性が高くなります。

AGAとは一体どのような症状で、どのようなメカニズムによって薄毛になるのか、ここでは詳しく紹介していきたいと思います。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことを指します。成人男性によくみられる症状で、額の生え際、または頭頂部から髪の毛が薄くなっていきます。

AGAの特徴は健康な髪の毛であっても衰退させてしまうということです。例えどんなに髪の毛の健康を保っていても、AGAにかかってしまうと次第に髪の毛は薄くなってしまいます。

AGAはなぜ起こる?原因は?

AGAはなぜ起こる?原因は?
AGAの原因は男性ホルモンであると言われています。ホルモンが影響していることからAGAは遺伝による影響が強いことで知られています。

ただ、男性ホルモン(テストステロン)は一般的に太くて濃い毛を作り出すのに必要なものです。そのため、男性ホルモンが多いからと言って、必ずAGAになるとは限りません。

ではなぜこのような違いが起こるのでしょうか?

そこで、まずはAGAが進行するメカニズムを説明していきます。

AGAが進行するメカニズム

AGAは男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることによってはじめて症状が現れます。

DHTはヘアサイクルのうち、成長期を短縮させる作用があるとされています。成長期は髪の毛が強く、太く成長するために必要な期間です。そのため、これが短くなると髪の毛は弱くて細い毛のまま成長期を終えてしまいます。

その結果、十分に育たない毛が多くなることで見た目も薄く、抜ける頻度が多くなるため、薄毛が進行してしまうのです。

AGAの症状がみられると、脱毛部に高濃度のDHTが検出されることが分かっています。また、AGAの脱毛にはいくつかの進行パターンがみられると言われているのです。

そのため、どの部分から進行しているのか?などによってAGAであるのかをある程度判断することができます。

AGAの発症に個人差があるのは5α-リダクターゼが関係している

男性ホルモンは誰もが持っているものです。しかし、AGAの発症には個人差が生じます。これは、男性ホルモンの他にAGAを発症させる因子「5α-リダクターゼ」が関係しているためです。

5α-リダクターゼは毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素です。

AGAの原因となるDHTは、毛母細胞に入ったテストステロンがこの5α-リダクターゼによって代謝されることで発生します。そしてこのDHTが男性ホルモンレセプター(受容体)と結合することで薄毛、細毛を引き起こすのです。

また、AGAのハゲ方の特徴として頭頂部や前頭部はハゲているのに後頭部や側頭下部は毛髪が残っていることがあります。

これは5α-リダクターゼがこの部分だけ少ないからではありません。男性ホルモンレセプター(受容体)がもともと後頭部や側頭部には少ないからです。

つまり、AGAを発症させる因子5α-リダクターゼが少なければ、男性ホルモンが溢れるほど分泌されていてもAGAを発症しないということが言えるのです。これが個人差がある理由と言えます。

基本はこれだけ!AGAの対策方法

基本はこれだけ!AGAの対策方法
AGAは髪の毛の健康を保つだけでは改善することができません。それはAGAが不健康な髪の毛が抜け落ちる他の抜け毛と違って「健康な髪の毛が抜け落ちる」症状であるためです。

AGAの症状を抑えるためには、5α-リダクターゼの作用を抑制することが有効と言えます。5α-リダクターゼを抑制することによってテストステロンからDHTへの変換を阻止し、AGAの発症を防ぐことができるのです。

ですから育毛剤やサプリメントを利用する場合は、5α-リダクターゼを抑制する成分が入った商品が有効と言えます。

例えば育毛剤であればオウゴンエキスやヒオウギエキスなどが使われている商品がいいでしょう。育毛サプリメントであればノコギリヤシ、イソフラボン、亜鉛などを含んだ商品が有効です。

5α-リダクターゼを抑制する成分が入った育毛剤は?

おすすめの5α-リダクターゼを抑制する成分が入った育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。
5α-リダクターゼを抑制する成分が入った育毛剤なら「チャップアップ」
特筆すべきはAGAの原因となる5α-リダクターゼを抑制するとされる成分が8種類も入っていることです。

  • 黄金エキス
  • チョウジエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス
  • ボタンエキス
  • シナノキエキス
  • ヒキオコシエキス
  • ジオウエキス

さらに育毛効果がある有効成分もしっかりと含まれています。

  • センブリエキス・・・毛母細胞を活発にして育毛に効果
  • グリチルリチン酸・・・ニキビケア用品でもおなじみ!抗炎症作用により、頭皮トラブルを防いで育毛しやすい頭皮環境に
  • ジフェンヒドラミンHC・・・抗炎症作用や血行促進作用がある

つまり、AGAだけでなくその他の薄毛対策にも効果バツグンということです。さすが厚生労働省が認可しただけのことはあります。

しかし、これで終わらないのがチャップアップです。

その他にも血流改善に効果がある成分が20種類配合。頭皮環境を整える17種類の植物油、髪をつくるのに必要なアミノ酸15種類と・・・。なんと、業界最大級50種類の育毛成分配合が配合されているのです。

これによって抜け毛を引き起こすいろんな要因に対してアプローチができるようになっているわけです。

詳しい成分については公式ページをみれば分かりますが、チャップアップはとっても贅沢な育毛剤と言えます。そのため「抜け毛・薄毛対策にはとりあえずこの育毛剤を使っておけば間違いない!」と言えるほどですね。

チャップアップの公式ページを見る

AGAは進行型の脱毛症です。早期のケアを行わないと薄毛はどんどん進行していくことになるので早期発見をして対処することが大切。是非参考にしてみてください。

脱毛の原因はたくさん!AGAでなくても油断は禁物

AGA以外にも脱毛の原因はたくさんあり、それは主に髪の毛の健康を妨げることによって進行します。

特に生活習慣の悪化は、髪の毛の成長を阻害し、薄毛を進行させます。栄養不足、睡眠不足、過度なストレス、頭皮環境の悪化など薄毛になる要素は意外と多いものです。

また、病気が原因で脱毛になることもあります。
参考急に抜け毛が増えた原因と対処方法

ですので、AGAの心配がないからといって油断は禁物です。必要以上に心配する必要はありませんが、自分の頭皮環境や髪の毛の状況を把握することが大切と言えます。

AGAについて知って早期発見を心がけよう

AGAはホルモン由来の症状ですので、早期発見を心掛けることが大切になります。早期に発見して対策することで被害を最小限に防ぐことができます。

AGAは若者でも女性でもかかる危険性があります。「自分は大丈夫」と思わずに、常に髪の毛の状態を気にするようにしましょう。

おすすめの記事