早期対策に!まずはAGAによる抜け毛の特徴と症状を知っておこうAGAは男性を中心に起こりやすい抜け毛の症状です。早期発見が症状の改善につながる薄毛ですので、その特徴や症状を知ることは大切になります。

まずは敵を知ること。それによって適切な対処を取ることができます。ここでは、AGAの特徴と症状を詳しく紹介していきます。

多くの若ハゲの原因はAGA?

多くの若ハゲの原因はAGA?
通常、男女ともに薄毛は年齢が増加するに従って進行していきます。これは毛髪を育てるための女性ホルモンの低下や血行が悪くなるなど代謝の低下がどうしても起きてしまうからです。

なので加齢によって薄毛になっていくのは仕方がないことなのです。また、若くても病的原因の場合は抜け毛が増えることもあります。

しかし、10代~30代でハゲてしまう若ハゲの若年性脱毛症はAGAが原因である可能性が非常に高いと言えるでしょう。なぜならAGAは思春期過ぎた10代以降に起こるとされているからです。

つまり、10代以降であればその後どの年代でもAGAを発症する可能性があるということなんです。

AGAの抜け毛の特徴は?

ではAGAの抜け毛は他の薄毛と何が違うのでしょうか?

その特徴は思春期以降であれば、たとえ健康体であっても薄毛が進行していくということです。

通常の薄毛は一時的なものがほとんどであり、食生活や生活習慣、正しい頭皮ケアをすることで改善することができます。ですが、AGAの場合は別です。男性ホルモンに由来する抜け毛なので、これらの対策では進行を防ぐことはできません。AGAにはAGA専用の対策をしてあげる必要があります。

そのためそのままにしておいたらハゲていた・・・。と言うように気が付いたころには手遅れになっているケースも少なくありません。

ですのでAGAによる薄毛の進行を止めるには早めに対処することが重要になってきます。それには早期発見をすることが大事なのです。

AGAの症状は!?いくつかの進行パターンをご紹介

AGAの発見が遅くなる理由の一つに、AGAの症状が多岐にわたることが挙げられます。ここでは、AGAの進行パターンについて、それぞれ説明していきます。

生え際から進行するM字脱毛

AGAの症状の種類で最も多いのがM字型脱毛です。

これは、額の部分から薄くなっていき、生え際の両サイドから剃りこみのように脱毛が進行していきます。前部分から薄くなるので最も早期に発見しやすく、また目立ちやすくなります。

頭頂部から脱毛する

AGAには頭頂部から薄くなっていくパターンも存在します。

頭頂部の薄毛は自分で確認することが難しく、気づいたころにはかなり脱毛が進行していることも多くなります。AGAが進行すると抜け毛の量が増えるため、毎日の抜け毛の本数を確認することで、早期に発見することができます。
参考抜け毛の本数ってどのくらいがボーダーライン?

前頭部から脱毛する

額の部分から髪の毛が全体的に薄くなっていくパターンで、最も目立ちやすい薄毛です。

他の薄毛パターンと併発する可能性もあり、進行スピードがとても速いのも大きな特徴の一つとなっています。

AGAの症状はいくら体調が良くても症状が進行してしまうということです。そのためAGAにかかったまま何もせずに放置してしまうと、薄毛はさらに進行してしまうことになります。

どんな人がAGAによる抜け毛を引き起こしやすい?

どんな人がAGAによる抜け毛を引き起こしやすい?
AGAはテストステロンという男性ホルモンが5α-リダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)に変換。そして、男性ホルモン受容体と結合することで症状を進行させます。そのため、男性ホルモンが多いからといってAGAにかかるというわけではありません。

つまり、男性ホルモンが強いとされる腋毛やすね毛などの体毛が濃くてもAGAになりやすいとは言えないのです。

重要なことは男性ホルモンの量ではなく、5α-リダクターゼの種類です。

最近の研究によると5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があり、そのうちの2型5α-リダクターゼが薄毛に大きく影響していると言われています。

1型は前頭部や後頭部、髭など全身の体毛のあらゆる毛乳頭細胞にも存在しています。ですが、2型は特にAGAが発症する前頭部に多く発現します。

このことからAGAは遺伝による影響が大きいとされているのです。

ただ、遺伝による影響は父親が大きく影響する場合や、母方のおじいさんが大きく影響する場合と研究者によって見解が異なっています。なので父親がハゲているからといってあなたも確実にハゲるとは言えません。

したがって、どんな人がAGAになりやすいかというのは確実にこれとは言えないのです。少なくともAGAを発症している家系は引き起こしやすい傾向にあると言えます。

AGAは早期対策が大切!疑いがあるなら今すぐ対処を

AGAは進行性の薄毛であるため、早期の対処が必要です。そのためにも症状や特徴を知っておくことが大切と言えます。

とは言っても、AGAは遺伝的影響を大きく受けるという事から「どうしようもできない」と諦めてしまう方も多いかもしれません。

しかし、脱毛の原因は遺伝だけではありません。さまざまな要因が複合してハゲになるのです。

  • 遺伝
  • 精神状態
  • 健康状態
  • 食生活
  • 間違った頭皮ケア

確かに遺伝は自分で変えることはできませんが、その他生活習慣などは自分で変えることができます。それに最近では5α-リダクターゼを抑制する育毛剤もあり、進行を食い止めることはできるのです。

症状が悪化した場合は自力での改善は難しくなります。AGAの疑いがあると思ったらまずは早めに対策することが大切です。

「最近抜け毛が多くなってきた気がする」と悩んでいる方や「この抜け毛の原因はもしかしてAGA?」と思う方は早めに頭皮ケアを始めましょう。

おすすめの記事