洗っているのに頭がクサいなら必見!ニオイを防ぐ対策方法とは?
シャンプーをすれば頭皮の臭いは消すことができます。これは当然かもしれませんね。

ところが特に運動をして汗をかいていないにも関わらず次の日の夕方には頭皮の臭いが復活。早い時は朝には臭いが・・・。という方も少なくないと思います。

しっかり洗っているのにどうして?って思ってしまいますよね。

それにはちゃんとした理由があります。そこでここではしっかりと洗っているのになぜか頭がクサくなる理由と臭いを防ぐ方法について紹介していきます。

なぜしっかり洗っているのにクサくなる?

なぜしっかり洗っているのにクサくなる?
洗っていれば臭いが発生しにくくなるはずです。でもどうしてしっかりと洗っているのにクサくなってしまうのでしょうか?

結論から言いますと、原因はずばり頭皮の臭いを抑える力の低下にあります。

臭いの発生は主に雑菌の繁殖が原因です。雑菌の増殖は非常に高く、そのままにしておけば皮膚は菌で侵されてしまうでしょう。しかし、実際はそうなりませんね。それは皮膚には雑菌の繁殖を抑える表皮ブドウ球菌という常在菌と皮脂膜という存在があるからなんです。
参考頭皮の皮脂がもつ役割とは!?健康な頭皮に欠かせない存在?

この常在菌と皮脂膜が臭いを抑えてくれる抵抗力と言えます。

常在菌は弱酸性の脂肪酸を発生させることで雑菌が繁殖しにくい肌環境にしてくれます。皮脂膜は乾燥を防いだり、雑菌が侵入するのを防いだり、常在菌を増やすためのエサになることで臭いの発生を防ぐのに働くのです。

これは頭皮にも言えることです。ですので、洗っているのに臭いが発生しやすくなるのは頭皮の常在菌が減り、皮脂膜が正常に形成されていないことが原因であるということが考えられます。

頭皮のニオイを防ぐ働きを低下させてしまう要因

では頭皮の抵抗力を低下させてしまう要因は何なのでしょうか?

それは洗い過ぎと皮脂の過剰分泌と言えます。

洗い過ぎている

頭皮が臭うとどうしてももっと洗わなくてはと思いがちですが、これは逆にニオイを発生しやすくしてしまいます。なぜなら洗い過ぎることで必要以上に皮脂が除去されてしまうからです。

皮脂は酸化することで臭いの原因になりますが、常在菌のエサや皮脂膜の元でもあります。なので、皮脂がある程度なければ雑菌を抑える力が低下してしまうのです。

確かに洗浄力が強いシャンプーで徹底的に皮脂を取り除けば気持ちがいいですし、綺麗になります。しかし、それは一時的なもの。頭皮の抵抗力は低下しているので臭いが発生しやすくなっているのです。

皮脂の過剰分泌が起こっている

皮脂は必要量であれば臭いを防ぐ働きをしてくれますが、多すぎると逆にニオイの原因になります。皮脂が増えることで常在菌と雑菌のバランスが乱れ、雑菌が増えやすくなってしまうのです。さらに酸化する皮脂が増えることで過酸化脂質やアルデヒド系の臭い物質の発生も多くなります。

皮脂が過剰に分泌される原因には油っこい食べ物や肉類に偏った食生活、ストレス、洗い過ぎなどがあります。

ストレスによる緊張は交感神経を優位にします。交感神経が優位になると皮脂の分泌が過剰になるのです。

また、ここでも洗い過ぎが影響してきます。これは頭皮を守る皮脂がなくなることで防衛反応として、分泌する量が増えると言われています。

女性の場合はホルモンバランスの乱れにもご注意を

ホルモンバランスの乱れは皮脂の分泌を過剰にする要因になります。それはホルモンは自律神経に影響を与え、皮脂の分泌はこの自律神経によって制御されているからです。

皮脂の分泌を多くするホルモンと言えばテストステロンやアンドロゲンなどの男性ホルモンです。これらの量が相対的に多くなると皮脂の分泌量が多くなり、頭皮環境は悪化しやすくなります。

特に女性は男性よりもホルモンが複雑です。加齢や出産、妊娠などによりホルモンのバランスが崩れやすい体質となりますので、ホルモンバランスによる影響を受けやすくなります。

ホルモンバランスを崩す要因にはストレスや食生活の乱れ、寝不足などがあるので、これらはできるだけ避けるようにしましょう。

頭皮の臭いを防ぐ対策法

頭皮の臭いが強くて悩んでいるけれど改善できないからあきらめているという方も少なくないと思いますが、頭皮の臭いは自分の努力次第で意外と抑えることが可能です。

ここでは頭皮の臭いを防ぐ方法について紹介していきます。

シャンプーの方法を見直す

頭皮の臭いを防ぐためにはシャンプーの方法を一度見直すことが必要かもしれません。

例えば、

  • 1日2度以上シャンプーを行っている
  • 40度以上のお湯でシャンプーを行っている
  • 使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎる

という方は頭皮に大きなダメージを与えている可能性があります。

シャンプーは1日1回に抑え、シャンプーを行う際は38度前後のお湯で洗うように心がけましょう。

特に使用するシャンプーによる影響は大きいです。上記2つをしてもお風呂上りに頭皮が痒い場合は洗い過ぎて乾燥している証拠と言えます。

その場合は洗浄力が程よいシャンプーに替えるようにしましょう。さらに頭皮の臭いを防ぐには消臭成分が含まれているものがより効果的です。
参考頭皮の臭いに効くシャンプーの特徴と選び方!おすすめは?

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージを行う
頭皮の血行が悪くなると頭皮の臭いの原因になることがあります。マッサージを行うことによって頭皮の血行を促進させ、頭皮の環境を正常に保つことで臭いを抑制することが可能です。

マッサージの方法は両耳の上に親指、側頭部に人差し指と中指の指の腹を固定して、頭皮を前後、左右に動かします。これを2分から3分程度行うだけでも十分にリラックス効果を得ることができますので、試してください。

注意点は爪を立ててマッサージをしないことです。頭皮を傷つけると炎症を発生させ、逆効果になることもあります。

マッサージするときは植物オイルや美容液、育毛剤などを使うとより効果的です。
参考頭皮のオイルケアは臭い対策に効果的!?毛穴の汚れと保湿が同時にできる優れモノ

まとめ

頭皮の臭いはさまざまな要因が絡んできます。そのため臭いを防ぐためにはいろんな対策法があります。ですが、健康的な身体を保つこととシャンプーの方法を見直すだけでもだいぶ変わると思います。

「ちゃんと頭洗っているのになぜか臭いが気になる」という方はもしかしたら皮脂の分泌が過剰になっているかのしれません。是非参考にしてみてください。

おすすめの記事