誰もが振り返るような美髪。そんな美しい髪を見るとつい見とれてしまいますよね。そのため、そんな美髪に憧れてトリートメントや髪のケアを徹底している方も多いのではないでしょうか?
誰もが振り向く美髪!美しい髪を目指すなら頭皮ケアが大事
しかし、美髪を目指すのであれば頭皮ケアも欠かしてはいけません。

なぜなら美しい髪の毛を保つためには、頭皮ケアがとても重要だからです。一見頭皮と髪の毛は関係がないように感じますが、とても密接な関係があります。

本物の美髪をつくるのは健康な頭皮

美髪つくりはもともとの髪の質が重要

美髪はヘアケアだけに注目しては決して得られません。確かにトリートメントやオイルで後からある程度髪の毛を美しくすることができます。

しかし、これはもともと傷んだ髪を修復する応急処置的な対策です。それには限界がありますし、もともとの髪が美しい方がハリ、コシがあるので同じケアをしてもこちらの方が当然美しくなります。

ですので、元の髪の毛を美しくすることがより美しい美髪を手にするには欠かせません。

髪の質を決めるのは土壌となる頭皮

ではこの元の髪の質を決めるのは何でしょうか?それはお察しの通りヘアケアではありません。それは髪の毛を育毛させる頭皮です。
髪の質を決めるのは土壌となる頭皮
髪の毛は頭皮から出ている部分が伸びるのではありません。毛穴の奥にある毛根部の毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで作られます。そのため、毛穴から出ている髪毛は成長し終わった細胞であり、死んだ細胞です。一度作られた髪の毛が痛むことはあっても、髪自身が自動的に修復することはありません。

ですから、これから出てくる髪の毛の質はこの毛母細胞で育つ段階で決まるのです。

頭皮は髪の毛を成長させる土壌と言えます。品質のいい野菜や作物をつくるためには健康な土壌が必要なように、ツヤ、コシ、ハリのある美しい髪の毛は健康な頭皮でないと育たないのです。

健康な頭皮とは

では健康的な頭皮とはどんな頭皮のことを言うのでしょうか?以下の2つのような特徴があると言われています。

頭皮を動かしたときに遊びがあるか

健康な頭皮は、柔らかくて指を広げて動かした時に指と頭皮が一緒に動きます。皮に遊びがあることで血行がよくなり、栄養分などが髪の毛に送られるようになるので、髪の毛の発育や頭皮の受けたダメージの修復がされやすくなるのです。

逆に弾力がなく、頭皮を触ったときにゴツゴツした感じがある場合は、凝り固まって血行不良が起こっている証拠です。十分な栄養が届かないので、いい髪も育ちません。

頭皮の色が青白い

髪の毛を掻き分けた時の頭皮が青白い場合は健康な頭皮と言えます。

しかし、肌と同じ色や赤い色をしている場合は注意が必要です。特に赤い色は炎症が起こっている可能性があるので、直ぐに頭皮ケアを始めましょう。

また、痒みやニキビなどの頭皮トラブルを抱えている場合も同じです。何らかの原因で頭皮にダメージを負い、不健康になっています。

頭皮ケアで美髪を手に入れよう!健康な頭皮にするには?

では健康な頭皮にするにはどうすればいいのでしょうか?

皮脂は適度に除去する

皮脂は適度に除去する
頭皮に古い皮脂が溜まっていると、酸化して雑菌が繁殖したり、過酸化脂質の発生によって頭皮が傷つきやすくなります。シャンプーで不要な皮脂はきちんと落とすようなケアが必要です。

ただ、皮脂の取り過ぎには注意しなければなりません。皮脂はある程度必要です。

頭皮が脂っぽいからといって洗浄力が強すぎるシャンプーで洗ったり、1日に何度もシャンプーして根こそぎ皮脂を取り除いてしまうと、今度は頭皮が乾燥してしまいます。頭皮が乾燥すると、今度は乾燥を防ぐために皮脂の分泌が盛んになります。

この悪循環は避けなければいけません。過剰にシャンプーするのではなく、適度にきちんと汚れを落とすことがポイントになります。

頭皮の保湿、マッサージをする

頭皮の保湿、マッサージをする
顔は保湿したりとしっかりケアしていますが皮脂の分泌量が多い頭皮はあまりケアしません。しかし、頭皮も顔と同じです。

ホホバオイルやアルガンオイル、椿油などの植物油や育毛剤、頭皮用美容液を使ってシャンプー後に頭皮も保湿してあげましょう。

特に、これらを使って頭皮マッサージをすると、頭皮の血行促進と乾燥の予防が同時にできます。シャンプー前に行えばクレンジング効果もあるので、毛穴に溜まった余分な汚れを除去するのにも役立つのです。

質のいい睡眠を十分にとる

質のいい睡眠を十分にとる
健康な頭皮つくりには睡眠はとっても重要です。それは主に以下の2つの理由があるからです。

成長ホルモンの分泌

睡眠中には日中に受けた頭皮へのダメージを修復してくれる睡眠ホルモンが分泌されます。つまり、傷ついた頭皮を修復するのは睡眠時なのです。

質の悪い睡眠は成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。そのため質のいい睡眠が大事なのです。
参考良質な睡眠をする方法!睡眠不足を解消して頭皮を健康に

活性酸素の除去

また、睡眠中にはメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されます。このホルモンには活性酸素を除去する抗酸化作用があるのです。

活性酸素は皮脂の脂肪酸を酸化させて、頭皮にダメージを与える過酸化脂質を発生させます。そのため睡眠不足を避けることも大事です。

頭皮にダメージを与える外的「3大要因」を避ける

頭皮にダメージを与える外的「3大要因」を避ける
頭皮にダメージを与える外的要因はさまざま。中でもここであげる3大要因は、健康な頭皮つくりのためには避けるべきだと言えるでしょう。

紫外線

紫外線は頭皮にダメージを与えます。肌と一緒で頭皮も紫外線には弱いのです。ですので、夏場など日差しが強い時には防止をかぶったり日傘を差したりして頭皮を保護する対策が必要です。

最近は髪の毛につけてもいいスプレータイプの日焼け止めが出ています。それを使って紫外線対策をするのもいいですね。

ストレス

健康にも良くないストレスは、頭皮にも良くありません。それは自律神経を乱したり、活性酸素を増やすからです。

自律神経が乱れると血行不良が起こり、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなります。また、活性酸素が増えれば過酸化脂質が発生し、臭いや頭皮トラブルの原因になります。

ストレスは大小限らず生活のあらゆるところに存在しています。ちょっとした痒みや音、においなど。人によって受ける程度は違います。

ストレスは蓄積して大きくなると大変なので、日頃から受けたストレスをこまめに発散することが大切です。

整髪料

ワックスやヘアスプレーなどの整髪料は頭皮環境を悪化させます。特に薄毛の原因になります。

それは整髪料が毛穴に詰まってしまうからです。毛穴がふさがると皮脂が溜まり、酸化しやすくなります。すると髪に栄養が届きにくくなってしまうのです。

また、多くの整髪料には界面活性剤が使われています。界面活性剤には、たんぱく質を変成させる作用があります。そのため、たんぱく質でできている髪が細くなる原因になってしまうのです。

まとめ

美髪にはヘアケアだけでなく、髪をつくる頭皮のケアも大切です。「ヘアケアをしているけどもっときれいな髪になりたい!」と思うのであれば、頭皮ケアを徹底してみて下さい。

頭皮を健康にすることでツヤツヤした美しい髪の毛が生えるようになり、より美しい髪を手に入れることができます。それに頭皮が健康になれば、抜け毛は減り、髪の毛もツヤツヤになっていいことばかりです。

しっかり頭皮ケアして憧れるような美しい髪の毛を手に入れましょう。

おすすめの記事