薄毛や抜け毛、髪の傷みなどのトラブルを防ぐには髪自体のケアも大事ですが、それよりも重要なのが頭皮ケアです。
知っておきたい!頭皮美容液の選び方と効果的な使い方
髪を野菜に例えれば、頭皮は土壌となる部分で、土壌の状態が悪ければ健康な野菜が育たないように頭皮環境が悪いと健康で美しい髪にはなりません。

そこで取り入れたいのが頭皮美容液です。

頭皮も皮膚ですから、顔と同じように栄養を与えてケアすることが大切。頭皮環境の改善や悪化の予防につながります。

頭皮美容液を選ぶポイント

多機能な美容液であること

頭皮美容液と言っても、配合されている成分はもちろん、品質や価格など多種多様です。心おきなく使うには、リーズナブルなものが理想かもしれませんが、安い商品だと機能性が低いかもしれません。

1つの症状を改善するだけの効果に特化したものでは、頭皮環境を改善するまでに時間がかかりますし、その間に症状が悪化することもあります。

頭皮の悩みは、乾燥やフケ、かゆみ、発疹、栄養不足などいろいろあるので、できるだけ多くの症状に同時に働きかけてくれるものが理想です。髪が痩せたり抜け毛が増えたり、髪の傷みがひどい場合は、複数のトラブルが同時に起こっている可能性があります。

ですので、保湿やバリア機能の回復、皮膚の弾力を取り戻すなど、多機能性の頭皮美容液を選ぶのがおすすめです。

不要物はできるだけ排除していること

不要物はできるだけ排除していること
頭皮というのは、以下のような複数の要因で大きな負担がかかっています。

  • 紫外線
  • ブラッシングの刺激
  • ドライヤーの熱
  • スタイリング時のダメージ
  • パーマやカラー

さらに汗や皮脂の分泌量も多く、髪の毛のせいで蒸れやすいため雑菌も繁殖しやすい環境にあります。

つまり頭皮環境が悪化しやすいので、頭皮美容液に余分な成分が含まれていたら、環境悪化を助長してしまう可能性があるのです。そのため合成香料や着色料、エタノールなど頭皮の健康に必要のない添加物は含まれていないものを選びましょう。

髪も頭皮も健康にする効果的な使い方

濡れた髪に使うもの、乾いた髪に使うものなど商品によって使い方は違いますが、汚れが詰まった状態では美容成分が浸透しません。

頭皮美容液はスキンケア化粧品ですから、しっかり浸透させることがポイントです。浸透させるには毛穴の汚れを取ることが重要なので、美容液をつける前にはしっかり頭皮をブラッシングしましょう。

また血行が悪かったり頭皮が硬いと美容成分が行き渡らないので、頭皮美容液をつけたら指の腹を使って揉み込むようにマッサージするのも効果的です。

頭皮美容液は使うだけでも効果が期待できますが、ひと手間を加えることで効率よく効果を得られます。毎日の習慣にして健康な髪と頭皮を手に入れましょう。

おすすめの記事