脂漏性皮膚炎の対策方法!正しい頭皮ケアが予防になる
脂漏性皮膚炎になると頭皮が赤く炎症を起こしたり、痒みやフケが伴います。しかも間違ったケアなどで悪化させるとなかなか完治するまでに時間がかかるという厄介な頭皮トラブルです。

また、脂漏性皮膚炎になると頭皮の臭いもクサくなりやすく、当然完治するまでそれは続きます。ですので、頭皮の臭いを防ぐには、この脂漏性皮膚炎は避けなければいけません。

そこで、この脂漏性皮膚炎の対策方法と発症させないための予防方法について紹介したいと思います。

脂漏性皮膚炎になってしまった場合の対策方法

脂漏性皮膚炎になると頭皮が赤く炎症を起こし大変です。当然、痒みや頭皮の臭いもどんどん強くなっていきます。

初期の軽度であれば、自力のケアができますが、症状がひどい場合や何度も再発している場合は皮膚科での治療が必要です。

初期段階で自力でのケアをする場合

原因となるマラセチア菌(カビの一種)の増殖を抑えるためには、普通のシャンプー剤では効果が期待できません。なので、ミコナゾール硝酸塩などが配合された抗真菌用のシャンプー剤を使用しましょう。シャンプーは洗い残しがないようにしっかりとすすぎをすることを忘れずに!洗い残しはカビの繁殖を加速させてしまいます。

ただ、抗真菌用シャンプー剤は殺菌力が強いので、頭皮の良い常在菌にも大きなダメージを与えます。長い間使い続けると、頭皮の抵抗力が弱ったままになってしまいます。

頭皮には常にカビは存在しています。健康な頭皮の状態とは、良い菌と悪い菌がバランス良く存在する状態です。ですので、炎症や痒みが収まったようなら頭皮の抵抗力を回復させるためにも、頭皮にやさしいシャンプー剤に切り替えましょう。

重度の場合の治療方法

重度の場合は、炎症を抑えてからカビの増殖を抑制するといった手順で治療をします。

脂漏性皮膚炎は炎症によって頭皮が痒くなり、掻くことでさらに悪化します。そのため、まずは炎症を抑えることが先決なのです。炎症を抑えるには、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)が効果的だといわれています。

ただ、これだけでは炎症は抑えられますが、原因となるマラセチア菌(カビの一種)の増殖は抑えられません。そこで、この原因菌の増殖を抑える抗菌薬を用いることで再発を防ぎます。

脂漏性皮膚炎の予防方法は正しい頭皮ケア!

脂漏性皮膚炎の予防方法は正しい頭皮ケア!
脂漏性皮膚炎は、皮脂の異常分泌によってカビが異常に多くなることで発症します。皮脂の異常分泌は頭皮の危険信号であり、不健康になってしまった結果です。ですから、脂漏性皮膚炎を予防は、皮脂の分泌を正常に整える正しい頭皮ケアをするということなのです。

その頭皮ケアとは以下の5つです。

  • 洗い過ぎないようにする
  • 頭皮にやさしいシャンプー剤を使用する
  • 髪を生乾きのままにしない
  • 生活習慣を正す
  • 脂っこいものを避け、バランスの良い食生活をする

洗い過ぎないようにする

頭皮を清潔に保つことは大事ですが、洗い過ぎは頭皮を乾燥させてしまいます。そして頭皮の乾燥は、逆に皮脂の分泌を過剰にしてしまうのです。

頭皮は一定のうるおいによって頭皮の健康が維持できます。そのため、乾燥は頭皮の異常事態。体は防衛反応として皮脂を分泌し、乾燥を防ごうとするのです。

ですから、フケが多いからといって過度に洗っては逆効果です。シャンプーは1日に1回に抑えましょう。

夏など寝汗が気になって夜と朝の2回頭を洗いたい場合は、夜はシャンプーして朝はシャンプー剤なしの軽い湯洗いで十分です。

また、頭を洗うときは熱いお湯だと炎症を悪化させたり頭皮を傷めてしまうので、ぬるま湯にして下さい。

正しいシャンプー方法については以下の記事に書いてあります。
頭皮の臭いを防ぐシャンプー方法!頭がクサイのは洗い方のせい? 

頭皮にやさしいシャンプー剤を使用する

頭を洗う回数もそんなに頻繁にしていないし、シャンプーの方法にも気を使っているのに皮脂の分泌が多い場合は、使っているシャンプー剤の洗浄力が強すぎる可能性があります。

特に市販のシャンプー剤に含まれるラウレル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系界面活性剤は、洗浄力が強すぎです。過剰に皮脂を除去してしまうので、逆に皮脂の分泌を盛んにさせてしまいます。

また、他にも刺激が強いパラベンなどの化学物質も決して良いとは言えません。
参考危険なシャンプーが頭皮をクサくする!頭皮に良くない成分とは? 

できるだけ頭皮にやさしい洗浄成分の良質なシャンプー剤が健康な頭皮つくりには必要です。

髪を生乾きのままにしない

入浴後に髪の毛を生乾きにしておくと、カビや雑菌の繁殖が加速させてしまいます。頭皮の臭いもクサくなってしまうので、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

ただ、熱風で完全に乾かそうとすると、頭皮を乾燥させてしまいますし、髪の毛も傷めてしまいます。8割程度乾かしたら後は自然乾燥か冷風で乾かすといいでしょう。

生活習慣を正す

ストレスや睡眠不足、運動不足は頭皮環境を悪化させて頭皮の抵抗力を弱らせてしまいます。特に睡眠はストレスの軽減や細胞の再生などをしてくれるため、とっても大事です。
参考意外にも重要!頭皮の臭いは睡眠にも関係している 

十分な睡眠、ストレスを溜めないこと、適度な運動は頭皮に限らず健康な体の基本と言えます。ここが乱れていては、他の対策も効果半減です。

意識するだけでも違うと思うので、少しづつ改善しましょう。

脂っこいものを避け、バランスの良い食生活をする

皮脂は脂質が原料です。脂っこい食べ物をたくさん摂取すればそれだけ皮脂の分泌も多くなります。正常な皮脂分泌をするには、バランスの良い食事を心がけることが必要です。

特に、頭皮を健康に保つにはビタミン類を積極的に摂取するといいでしょう。ビタミンCは頭皮の乾燥予防や臭い対策にも効果的ですし、ビタミンB群は健康な皮膚つくりに欠かせません。
参考ビタミンEとビタミンCの効果で頭皮の臭いを予防しよう! 

まとめ

脂漏性皮膚炎になってしまったら、症状が軽ければ自分でケアが可能です。しかし、痒みや炎症がひどい場合は治療が必要になります。その場合は重症化しないうちに皮膚科などで早めに相談しましょう。

ですが一番は脂漏性皮膚炎にならないようにすることです。そのためには、ここで紹介したような生活習慣や食生活を整え、正しい頭皮ケアを心がけ、予防することが大事です。

脂漏性皮膚炎による頭皮の臭いは完治するまで治らないので、できるだけ発症しないように予防しましょう。

おすすめの記事