最近生え際が後退してきたと感じたら、早期の対処を行う必要があります。薄毛は進行するほど改善が難しくなるためです。
薄毛の予兆!?生え際の後退をチェックする方法
ここでは、生え際が後退する原因、および薄毛の予兆を知る方法について紹介していきます。

生え際が後退する原因は?

生え際の後退は一般に「M字ハゲ」と呼ばれています。薄毛のパターンは

  • 頭頂部から薄くなるケース
  • 額の生え際から薄くなるケース
  • 前頭部から薄くなるケース

の3つがあります。その中でも最も多いのが、額の生え際から薄くなるパターンとなります。

また、生え際が後退する要因は主に3つ挙げることができます。それは、男性ホルモンとシャンプー、生活習慣です。

男性ホルモンが影響するAGA

男性ホルモンが影響するAGA
薄毛の原因はさまざまですが、中でもAGA(男性型脱毛症)は近年増えてきているそうです。AGAは頭全体ではなく前頭部から頭頂部という限られた箇所の毛が薄くなります。

AGAは男性ホルモンが原因になります。男性ホルモンであるテストステロンが毛乳細胞内に入り、5α-リダクターゼという酵素が発生します。これによって、ジヒドロテストステロン(5α-DHT)に変換されることで、薄毛の原因になるのです。

5α-DHTは毛乳頭の受容体と結合を行うことによって毛母細胞の活動を阻害する働きがあります。AGAは男性ホルモンが大元の原因であるため、男性に多い傾向にあります。ですが、女性にも起こるのです。

AGAを発症するかしないかは遺伝的、体質的な要素がほとんどです。そのため、遺伝的要素によってAGAは体調や年齢、生活習慣に関わらず発症する可能性のある症状と言えます。

AGAの厄介な点は健康な髪の毛まで後退させてしまうということでしょう。症状の緩和を図るためには、適切な治療を受ける必要があると言われています。

薄毛・ハゲの進行スピードに影響するシャンプー

薄毛・ハゲの進行スピードはシャンプーが関係しています。

ヘアケアはシャンプーで決まると言っても過言ではないほど大切。洗髪不足で頭皮や髪が汚れていると、フケや炎症、かゆみなど頭皮トラブルを引き起こし、間違ったシャンプー方法は薄毛を進行させてしまうのです。

過剰な皮脂が脱毛を促進させることは研究でも明らかになっています。第56回日本化粧品技術社会(SCCJ)研究討論会でライオン株式会社・ビューティケア研究所および生物化学センターが「皮脂が酸化して発生した過酸化脂質が脱毛を促進するということがある」という内容が公表されました。

頭皮は髪の毛で覆われているので汗によって蒸れやすくなっています。そのため、頭皮がアルカリ性に傾きやすく雑菌が増え、それによって炎症やフケなどを引き起こしやすいのです。日頃から頭皮を清潔に保つことは欠かせません。

だからと言って洗浄力が強すぎるシャンプーの使用や頻繁に洗い過ぎてしまうと、頭皮環境を悪化させて抜け毛の原因になります。なので薄毛・ハゲ対策などの頭皮ケアにはシャンプーが大切です。

薄毛を招く生活習慣の悪化

薄毛を招く生活習慣の悪化
生活習慣の悪化によっても薄毛になる可能性はあります。生活習慣の悪化とは具体的にストレス、睡眠不足、栄養不足、運動不足などが挙げられます。

ストレス、睡眠不足はホルモンのバランスを悪化させることで血行を悪くさせ、栄養不足は髪の毛が成長するために必要な栄養を補給させることができなくさせるのです。

生活習慣の悪化による薄毛は男性だけでなく女性も発症するケースが多くなります。特に女性は男性と比較してホルモンのバランスが乱れやすい体質であるため、ストレスなどを抱えた際は薄毛の進行に気を付ける必要があると言えるでしょう。

生え際の後退危険度チェック方法

薄毛は早めの対処を行うことによって、症状を緩和、予防することが可能となります。ここでは、生え際の後退危険度が高い前兆症状について、いくつか紹介していきたいと思います。

生え際の部分が細くて弱々しい

薄毛は、特にサイドの生え際から後退する傾向にあり、薄毛を気にしている方はサイドから確認することが重要です。何気なく触ったり、鏡で見てみたりしたときに髪の毛が細くて弱々しくなっていた場合は、薄毛が進行している可能性があります。

生え際が弱々しくなっているケースは、薄毛がかなり進行しています。早めに病院での診断を考えたり、生活習慣の見直しをしたりする必要があります。

額の生え際にかゆみを感じることがある

生え際にかゆみを感じるケースは、頭皮が何かしらの炎症を起こしていたり、正常な機能ができていない場合となります。髪の毛は頭皮の内部にある毛細血管から栄養素を受け取ることによって成長を繰り返します。

頭皮が炎症を起こすと、栄養素の受け渡しがうまくできず、髪の毛は成長することができません。かゆみを感じて掻き毟ると頭皮を傷つけてしまう可能性もありますので注意が必要です。

抜け毛の量が多くなってきたと感じる

髪の毛が抜ける量は、正常であれば毎日ほとんど一定量となります。いつもより多く抜けていると感じた場合は、頭皮が何かしらの異常を持っている可能性があります。

薄毛になる原因はいくつかありますので、頭皮のサインを見逃さず、適切な対処を行うことが大切です。
参考抜け毛の本数ってどのくらいがボーダーライン? 

まとめ

薄毛の進行には個人差があります。そのため、頭皮のサインを知ることは早期発見、早期治療を行う上で重要なことになります。

薄毛をこれ以上進行させないためにも、定期的に確認することが大切です。早めに対処して薄毛を食い止めましょう!

おすすめの記事