仕事が夜遅くまで続いたり、育児や家事で大変。ストレスもなかなか発散できていない。

そんな時は頭から漂う鼻を突くようなアンモニア臭がしているかもしれません。もしそう感じたのなら、それは体が疲れている証拠。臭いによって体が疲労のサインを出しているのです。

忙しい毎日を過ごしている方が多い現代では、この疲れのサイン「疲労臭」が増加傾向にあると言われています。

頭皮から鼻を突く臭い!疲労臭とは?

頭皮から鼻を突く臭い!疲労臭とは?
疲労臭とは読んで字のごとく、疲れの蓄積によって体から発せられる体臭のことです。体の疲れによって汗や皮脂にアンモニアを多く含むようになり、鼻を突くようなツーンとした臭いがしてしまうのです。

そのため、普段汗や皮脂による臭いと疲労臭は発生メカニズム少し違います。

汗や皮脂はもともと臭いはほとんどありません。それがクサくなってしまうのは、分泌してから雑菌によって分解され、臭い成分が生成されるからです。ですから、普段の汗による臭いは雑菌の繁殖が原因なのです。
参考夏に注意!汗が頭皮の臭に与える影響とは?

しかし、疲労臭の場合はこれと異なります。分泌される前から汗や皮脂にアンモニアを多く含んでしまっているのです。

そして頭皮は体の中でも最も皮脂分泌量が多く、毛穴も多いため、この疲労臭が目立ちやすいと言えるでしょう。

なぜ疲れによってアンモニアが汗や皮脂に多くなるの?

疲労臭の原因であるアンモニアは、タンパク質の分解時や筋肉の回復時、腸内細菌の働きなどによって体内に発生します。

アンモニアは通常、肝臓によって解毒されてから尿として体外に排出されてしまいます。そのため、普通はアンモニアが体の中に蓄積することがありません。

しかし、疲労によって体の体力が低下していると、この肝臓による解毒機能が低下してしまいます。すると、体内に残ったアンモニアが血液に入り込んで全身を循環し、汗腺や皮脂腺に届き、汗や皮脂として分泌されてしまうのです。

疲労臭を引き起こす要因

疲労臭の原因は、体を疲れと肝機能の低下です。そのため、疲労臭を引き起こす要因は以下のようになります。

過労ぎみ

疲れによって体の代謝が衰えてしまいます。

お酒をよく飲む

アルコール分解は肝臓によって行われます。そのため、お酒を飲めば飲むほど肝臓に負荷をかけ、解毒機能を低下させます。

動物性油の摂り過ぎ

肝臓は胆汁を分泌することで脂肪を分解する働きもしています。しかも1日に分泌できる胆汁の量は決まっています。そのため、脂肪の摂り過ぎは肝機能を低下させてしまうのです。

食べ過ぎ

肝臓は解毒だけでなく、栄養分の代謝も行っています。そのため、食べ過ぎは肝臓に負荷をかけます。

便秘がち

便秘によって便が異常発酵・腐敗して腸内にアンモニア・インドールなどの悪臭ガスが発生します。これを解毒するのも肝臓です。解毒できないアンモニアは、血液に入り込みます。

疲労臭の予防をして頭皮臭対策

疲労臭を予防する一番の方法は、疲れを溜めないことです。そのためには以下のような規則正しい生活習慣が欠かせません。

  • バランスの良い食事
  • 最適な睡眠時間の確保
  • ストレスを軽減する
  • お酒は飲みすぎない
  • 乳酸菌や食物繊維などで腸内環境を整える

さらに、体の疲労回復や肝機能向上に役立つ栄養を摂取するとより効果的です。

肝機能を高めるおすすめの栄養

栄養効果主な食べ物
タウリンアルコール分解や肝臓の解毒機能を助ける真ダコ、ぶり
オルニチンアンモニアを分解を助けるしじみ、ウコン

ただ、オルニチンの摂取量目安は400mg〜1000mg。最も多くオルニチンを含む食材のシジミでも100g中に10mg程度しかありません。毎日最低4kgも食べるなんて辛すぎますね・・・。なので、食事と一緒に足りない分はサプリメントを利用するといいでしょう。

体の疲労回復におすすめの栄養

体の疲労回復には酢のものが効果的です。酢に含まれるクエン酸には疲労回復作用があり、アンモニアの発生を抑える働きがあると言われてます。しかも、頭皮のフケ症の原因であるビタミンB2の低下も抑制してくれます。

まとめ

体の疲れはアンモニア臭が強くなる疲労臭を発生させます。この臭いは毛穴から既に臭いを放つので、表面での対策では防ぎきれません。そのため、原因である疲労の蓄積や肝臓への負荷をできるだけ避けるなど、体内からの対策も必要と言えるでしょう。

特に頭皮は毛穴が多いので疲労臭が目立ちやすいです。なのでそんな臭いがしたときは、疲れているというサインだと思って体を休ませてあげましょう!

また、やはりニオイを消すなら洗うことが一番です。以下の記事では頭皮の臭いに効くシャンプーについて紹介しているので、興味がある方は参考にしてみてください。

おすすめの記事