良い汗と悪い汗の違い!頭皮が汗臭いのは悪い汗のせい?
汗は頭皮の臭いの原因になります。そのため汗をかく暖かい季節になると、頭皮の汗臭さが気になります。特に夏場は夜入浴しても寝汗で朝には汗で少しクサい。こんなんじゃ夜までもつわけ無いと、朝シャワーをしている人もいるのではないでしょうか?

しかし、このように汗をかいても直ぐに臭くならない人もいます。
その違いはなんなのでしょうか?

それは汗の質が関係しています。実は汗にはいい汗と悪い汗があるのです。

そしてその名の通り、悪い汗は頭皮を臭くします。なので、汗をかいてから直ぐに頭が臭くなる方!もしかしたら悪い汗をかいているのかもしれませんよ。

そこで、いい汗と悪い汗の違いからいい汗をかくために必要な対策方法を明らかにしたいと思います。

汗には質がある!いい汗と悪い汗の違い、見分け方

違いは?

汗には良い汗と悪い汗といった質があります。この2つの汗は臭くなりやすさが違います。

いい汗

いい汗は理想的な汗です。成分のほとんどが水分のため、雑菌の餌となる栄養分がほとんど含まれていません。そのため、分泌してから雑菌が繁殖するまでに時間がかかるので、臭いを発生しにくい汗と言えます。

また、蒸発もしやすいので体温を下げる能力が高く、最小限の発汗で体温を下げることができます。

悪い汗

悪い汗は水分以外のカリウム、カルシウム、亜鉛などのミネラル成分やアンモニアなどの老廃物が多く含まれています。そのため、栄養分が豊富。しかもアンモニアという臭気成分も多く含まれているので雑菌が繁殖しやすい汗と言えます。

また、悪い汗は乾きにくいので体温を下げる能力が低いです。そのため、体温を下げるために多くの汗を必要とします。

この悪い汗は、体に必要なミネラル成分を大量に消費するので、夏バテの要因でもあります。

見分け方は?

いい汗と悪い汗の見た目の違い
  • いい汗は水滴のような汗
  • 悪い汗は流れるような汗

良い汗は小粒で見た目はあまり汗をかいていないように見えます。霧吹きをかけた後の水滴のような見た目です。乾いた後もそんなにベタベタしません。

それに対して悪い汗は、大粒でダラダラと流れる汗です。乾いた後はベタベタしているので、気持ちが良くありません。夏場の汗や過度な運動をした後のほとんどがこの悪い汗と言えます。

ただ、汗腺が鍛えられている人は大量に汗が必要な場合でも良い汗のままです。

なぜ悪い汗をかいてしまうの?

悪い汗が発汗される原理

悪い汗が発汗される原理
悪い汗をかいてしまうのは主に汗腺の衰えが原因です。汗腺の衰えによって汗の再吸収が不十分のまま発汗されてしまうのです。

汗は血液から作られています。そのため発汗することは体のミネラルを失うことを意味します。しかし、そのまま体にとって大切なミネラルを体外に出すわけにはいけません。そこで、再吸収という働きによって分泌する前にこれらの栄養を体に戻します。これによってほとんど水にすることができるのです。

しかし、汗腺が衰えているとこの再吸収がうまく働かずにそのまま汗として分泌してしまいます。これが悪い汗というわけです。

汗腺を衰えさせてしまう要因

汗腺を衰えさせてしまうのは、クーラーや運動不足、加齢などによって汗を使う機会が減ってしまうことにあります。汗腺は筋肉と同じで使わなければ退化してしまいます。汗腺自体は消えることはありませんが、働かない汗腺が多くなってしまうのです。

これは当然です。汗は大切な血液を原料としているので、当然できるだけ不要な汗の発汗は避けなければいけません。

しかし、夏場や急な運動によって体温調整が必要になったときが大変です。少ない能動汗腺で何とか体温を調整しなければいけないため、急ぎで汗を発汗させます。その結果、汗の再吸収が不十分のまま、ミネラルなどの成分が多く含まれる悪い汗が発汗されてしまうわけなんです。

暑い国に住んでいる人があまり汗をかいていない印象なのはそのためと言えるでしょう。

いい汗をかいて頭皮の臭いを予防しよう

悪い汗は臭くなりやすいので、いい汗をかくようにした方が頭皮の臭いを防ぐことができます。いい汗をかくには汗腺を鍛えることです。それには普段から積極的に汗をかくようにしましょう。

半身浴

半身浴は、毎日自宅で手軽にできる方法です。温すぎず熱すぎない39度前後が最適。大体30分程度でかなり汗が出ると思います。湯船の中で手足をグーパーしたりするとより効果的です。ただ、水分補給はこまめに取りましょう。

クーラーに頼り過ぎない

クーラーの設定温度をあげることで汗腺を鍛えることができます。また、お風呂上がりはできるだけクーラーに当たらず、汗で冷ました方が汗腺トレーニングになります。

仕事などで長時間クーラーが効いた場所にいなければいけない場合は、熱いお茶や生姜茶を飲んで発汗を促すと効果的です。特に昼食後は体温が高くなるので効果が高くなります。

定期的に適度な運動をする

やはり適度な運動が一番効果的です。運動は基礎代謝も上がりますし、血行も促進されます。そのため、汗腺を鍛えるだけでなく血行不良による酸っぱい汗の予防にもなります。

効果的な運動は、酸素を十分に取り入れる有酸素運動です。例えば、ヨガやウオーキング、サイクリングなどがあります。

まとめ

汗には質があり、いい汗と悪い汗があります。頭皮の臭いを防ぐにはいい汗をかくことも必要です。いい汗をかくことで、汗による頭皮の臭いを抑えることができるのです。

それには普段から汗を流して汗腺を鍛えることです。合わせて他の頭皮の臭い対策をすることで、より美臭漂う頭皮に近づいていくことでしょう。

おすすめの記事