育毛剤の正しい使い方!効果を高めるための4つのポイント
育毛剤はただ使用すれば効果が得られるとは限りません。育毛剤の効果を十分に発揮するためには正しい使い方をする必要があります。また、ベストな使用するタイミングもあるのです。

そこで、育毛剤の正しい使い方について紹介していきます。

間違った使い方では効果が半減!?正しい使い方が大切

間違った使い方では効果が半減!?正しい使い方が大切
育毛剤には正しい使い方があります。これは育毛剤に限ったことではありません。

例えばシャンプーは、よく泡立てて使わなければ頭皮に付いた汚れを十分に落とすことができません。使い方によっては頭皮が傷ついたり、乾燥させたりするなど頭皮にダメージを与えてしまうこともあります。

このようにケア用品には正しい使い方があり、それによって効果を十分に発揮することができるのです。

シャンプーは主に頭皮を洗うために使われますが、育毛剤は髪を育てるのを助けるために使われます。育毛剤の使い方による効果への影響はシャンプー以上に大きいと言えるでしょう。

ですから、育毛剤の効果を十分に発揮するためにも正しい使い方をすることが大切なのです。

育毛剤を正しく使うための4つのポイント

育毛剤は正しい使い方をしてこそ効果を得ることができます。育毛剤を使用する際のポイントは毛母細胞まで効果がしっかりと届くように心がけることです。

そのためのポイントをここでは紹介していきます。

1.お風呂に入った直後にする

育毛剤の使用はお風呂に入った直後がベストと言えます。それはシャンプーによって頭皮が以下の3つの状態になっているからです。

  • 清潔になっている
  • 血流が良くなっている
  • 毛穴が開いた状態になっている

これによって育毛剤の効果を毛母細胞まで届かすことができます。

また、シャンプーのやり方も育毛剤の効果に影響してきます。頭皮ケアはシャンプーで決まると言っても過言ではありません。正しいシャンプーのやり方を実践することも忘れないようにしましょう。
参考正しいシャンプー方法 

2.髪の毛を掻き分けて頭皮に付ける

育毛剤はしっかりと髪の毛を掻き分けて頭皮に付けるのが基本です。あくまで育毛剤は頭皮の血行を良くするものです。髪の毛につけても効果はありません。

描き分けずに使うのと、意外と髪の毛についてしまっています。髪の毛を描き分けて、しっかりと液剤が頭皮に付くようにしましょう。

3.ドライヤーで乾かしてから使う!だけど乾燥には注意

育毛剤はドライヤーで髪の毛を乾かしてから使いましょう。自然乾燥だと、長い時間頭皮が水気を保ち続けて菌が繁殖する要因になります。また、頭皮に水分が多く残っていると育毛剤の浸透を妨げてしまうこともあります。乾かす際はドライヤーで頭皮を乾かすことが重要です。
ドライヤーで乾かしてから使う!だけど乾燥には注意
ただし、乾かし過ぎには注意してください。頭皮が乾燥してしまうと毛穴は閉じますし、頭皮も固くなってしまい、逆に浸透が悪くなってしまいます。

これは新品のスポンジでは水が浸透しにくいのと同じ原理です。ある程度頭皮には少し水分を残しておいた方が浸透率は高くなるのです。

この乾燥し過ぎを防ぐには温風だけで乾燥させるのでなく、ある程度乾かしたら仕上げは冷風にするといいでしょう。

4.育毛剤を付けた後の頭皮マッサージは数分後に行う

頭皮マッサージすることによって、頭皮の血行を良くし、育毛剤の効果を上げることにもつながります。そのため、育毛剤を延ばすための軽いマッサージを終えたらすぐに頭皮マッサージをする人も多いのではないでしょうか?

ですが、育毛剤を塗ってから直ぐにマッサージすると、せっかく浸透しようとしている液剤を毛穴から押し出してしまいます。ですので、育毛剤を頭皮に延ばした後は数分待ち、その後本格的に頭皮マッサージするべきなのです。

ただしシャンプー後の頭皮は非常に敏感で、少しの力でも傷ついてしまう可能性があります。あくまで指の腹で優しくマッサージすることが大前提です。間違ってもブラシなどで強く叩いてはいけません。

育毛剤の効果を高めるベストなタイミングは?

育毛剤の効果を高めるベストなタイミングは?
育毛剤を使用する場合、多くは夜の使用を推奨していますが、正しくは就寝前です。なぜ夜が推薦されるのかは2つの理由があります。

1つ目は多くの人が就寝前の夜に入浴するからです。入浴することで先述したような育毛剤が浸透しやすい状態になります。

そして2つ目は多くの人の場合、髪を成長させる成長ホルモンの分泌が夜もっとも盛んになるためです。成長ホルモンの分泌時間は眠ってから3時間程度で分泌されるようになると言われています。そのため、多くの人が日中活動しているので、夜の就寝前に使うことで成長ホルモンとの相乗効果が得られるというわけです。

そのため、主に仕事などで主に夜活動して日中寝ている人は、逆に夜に使うよりも寝る前の日中に使った方がいいわけです。

ですから、正しくは育毛剤は就寝前の入浴後に使うのがベストと言えるのです。

また成長ホルモンの分泌を盛んにするには、就寝後3時間に質のいい睡眠をすることが大切です。そのためには生活習慣をきちんと正すことも重要になります。

育毛剤の選び方にも注意しよう

育毛剤であればどれを使っても髪の毛が生えるとは限りません。薄毛にはいくつかの原因があり、それに応じた育毛剤を選択する必要があります。育毛剤には男性ホルモンを抑制するタイプや血行を促進するタイプ、毛母細胞を活性化するタイプなど、種類はさまざまです。

原因に合った育毛剤を選べていないと効果が半減するどころか、全く効かないということもあります。育毛剤はシャンプーなどの他の頭皮ケア用品と比べてもなかなか高価な代物。まったく効かないということは避けたいですね。

なので、使い方と合わせて育毛剤の選び方にも注意しましょう。それには、

  • 自分がどのタイプの薄毛なのか?
  • 使おうとしている育毛剤はどのタイプの薄毛に効くものなのか?

をしっかりと把握することが大切です。

まとめ

育毛剤を正しく使用することによって、より高い発毛効果を得ることが可能となります。

育毛剤を使っているけど何だか効果が実感できない方。もしかしたら間違った使い方をしているのかもしれません。一度正しい使用方法ができているか確認してみましょう!

おすすめの記事