女性の薄毛には女性用育毛剤がいいの?男性用ではダメなの?
薄毛の悩みは男性だけではありません。女性にも薄毛の悩みがあり、近年増えてきていると言われています。そのため昔は育毛剤が多かったですが、今では女性に対応した育毛剤も出てきています。

では女性は女性用育毛剤を、男性は男性用育毛剤を使わなければいけないのでしょうか?

中には別々に買うよりも1つを兼用したいと言う方もいると思います。そこでここでは、この疑問についてを説明しながら女性の薄毛に効果を発揮する育毛剤について紹介します。

近年、女性の薄毛が増えている?

女性の薄毛はあまりイメージがない方もいるかもしれませんが、近年多くなりつつある症状です。これは生活習慣との関わりが非常に大きいとされています。

女性の薄毛の多くは女性ホルモンのバランスが悪化することによって生じます。ホルモンバランスが悪化することによって、ターンオーバーの乱れ、血行不良など髪の毛の成長を阻害する要素が生まれます。

特に近年はホルモンバランスを悪化させる要因である食生活の乱れや、ストレスの増加など生活習慣の悪化が多くみられるとされています。
参考女性の薄毛の原因と対策方法

女性の薄毛には女性用育毛剤がいいの?

育毛剤は種類によって成分が異なります。それでは男性用と女性用の育毛剤の違いについて見ていきましょう。

男性用育毛剤の特徴は?

男性用の育毛剤の多くは男性ホルモンを抑制する成分となっています。これは、男性の薄毛の主な原因がAGA(男性型脱毛症)によるものだからです。

そのため、薄毛の原因がAGAでないことが多い女性の場合(女性もAGAを引き起こすこともある)、そもそも男性ホルモンが原因でないので女性が男性用の育毛剤を使用しても薄毛に効果を発揮することはありません。

ですが、これは男性であってもAGAが原因でなければ同じことが言えます。

他には男性用の多くはメントールが配合されていることがあります。

女性用育毛剤の特徴は?

その一方で女性の薄毛は主に頭皮の栄養状態が低下すること、また女性ホルモンの乱れにあると言われています。つまり、いろいろな要素が組み合わさった薄毛対策用の育毛剤ということです。

そのため女性用育毛剤の成分は頭皮への栄養補給、女性ホルモンの活性化が主となっています。ですので、女性が育毛剤を使用する際は男性用よりも女性の薄毛に特化した育毛剤の使用が効果的だと言えるのです。

ただし、男女兼用の育毛剤というものも存在します。男性ホルモンを抑制しつつ、頭皮の環境を向上させるような成分が配合されていて、男性女性双方の薄毛に対して効果を発揮することができます。この場合は別です。

とは言っても医薬部外品であればあまり男女差関係ない

とは言っても多くの育毛剤は効果がゆるやかな医薬部外品に分類されています。医薬品であれば男女差をしっかりと考える必要があると思いますが、医薬部外品であればそこまで男女差を注意する必要はありません。

結局はその育毛剤がどんな抜け毛に有効な成分を含むのかです。もし抜け毛の原因がAGAであれば、AGAに対応であれば男性用、女性用どちらでも大きな違いはありません。

それに育毛のために必要な要素は以下の点で共通しています。

  • 血行促進
  • フケ・炎症を抑える
  • 発毛促進
  • 男性ホルモンによる抜け毛の因子を抑制する

つまり、医薬部外品であれば育毛剤は基本的に男女兼用で使えるということです。ただ、女性用の方が妊婦の方でも使えるようにできるだけ天然素材、低刺激でつくられている傾向にあります。

育毛剤には副作用があることも!使用方法には注意しよう

育毛剤を使用する上で一番注意しなければならない点が、育毛剤を使用することによる副作用です。医薬部外品であれば緩やかな効果なのでそれほど心配はいりませんが、効果の高いとされる医薬品になると身体に及ぼす影響が強いということを頭に入れておかなければなりません。

女性ホルモンを促進する育毛剤の場合

大豆イソフラボンやプエラリアなど女性ホルモンを促進するとされる成分を含む育毛剤の多くは、効果の緩やかなものがほとんどです。そのため、副作用に関してはあまり心配はいらないでしょう。

しかし、ホルモンバランスが変わると体調は大きく変わります。1回の生理周期でもピコグラム(1兆分の1g)単位で保たれているほど繊細です。

あまり神経質になり過ぎる必要はありませんが、用法用量はしっかりと守って使いましょう。

女性ホルモン入り育毛剤はないのでご注意を!

女性ホルモン入り育毛剤はないのでご注意を!
女性ホルモンと同じ構造をした成分を含む育毛剤はありますが、直接女性ホルモンが入っている育毛剤はないので注意しましょう。今のところ人工的に本物の女性ホルモンはつくれません。

もし本物の女性ホルモン入り育毛剤があるとしたらより注意が必要です。なぜならホルモンは先に説明したようにごく少量でバランスを保っているからです。身体に及ぼす影響がより大きくなるのは明らかと言えるでしょう。

血行を促進する育毛剤の場合

血行を促進させる育毛剤の場合、多くはミノキシジルと呼ばれる成分が配合されています。これは血管を直接拡張させることによって栄養の受け渡しを正常にし、発毛を促進させるというものです。

効果の高さから育毛剤としてはポピュラーなものとなりますが、一方で頭痛や眠気、倦怠感などの副作用が発生することもあるようです。また、血行が良くなりすぎることによる皮脂の過剰分泌、部分的に毛が濃くなりすぎるなどの報告もあります。

必ず発症するわけではありませんが、このような可能性もあるということも頭に入れておくべきでしょう。

まとめ

育毛剤は薄毛を改善させるために高い効果を発揮する一方で、少なからず身体に影響を及ぼす可能性があります。

ですがあまり神経質になり過ぎるのもよくありません。ノシーボ効果(プラシーボ効果の逆)を引き起こすことにもなりねませんからね。

育毛剤を使用する際は注意点をよく把握し、自分の症状に合ったものを選択することです。

おすすめの記事