女性の悩みと言えば肌と思われがちですが、年齢を重ねるごとに「薄毛」も女性にとって大きな悩みになってきます。女性の薄毛は、女性ホルモンと深く関わりがあるため、歳をとるにつれて髪の悩みも増えてくるのです。

年齢の他にも、睡眠不足やダイエットなどの影響によっても薄毛になってしまう事があり、20代で薄毛に悩んでいる人も少なくありません。

そこで今回は女性の薄毛の特徴とその原因についてと、薄毛に効くシャンプーの選び方について紹介していきます。

女性の薄毛の特徴は男性と少し違う!?

女性の薄毛の特徴は男性と少し違う!?
薄毛には2種類あり、1つは髪の本数が減るためで、もうひとつは髪の本数は変わらないけれど、一本一本が細くなるために薄くなって見えるというものです。女性の薄毛は男性の薄毛とは特徴が異なります。

男性の場合には生え際が後退したりM字になったり、頭頂部が薄くなったりという特徴があります。一方、女性の場合は全体的に髪が薄くなったり、生え際や髪の分け目が薄くなるというような特徴に違いがあるんです。

それでは、女性の薄毛の特徴について詳しく見ていきましょう。

髪が全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」

びまん性脱毛症は髪が全体的に薄くなるという特徴があり、髪が細くなってボリュームが減るために地肌が目立つようになります。これはホルモンバランスの変化によって起こると言われています。

びまん性脱毛症のメカニズム

男性でも女性でも、びまん性脱毛症のメカニズムは同じです。男性ホルモンのテストステロンから変化した「ジヒドロテストステロン」という物質が毛母細胞に入ることで毛母細胞の活動が抑制されます。すると、ヘアサイクルが乱れてしまい薄毛や抜け毛につながってしまうのです。

しかし、女性の場合には「エストロゲン」という女性ホルモンが髪の成長を助けるほか、男性ホルモンの濃度が男性よりも低いということもあり、男性のように一部分がドッと抜けるというよりも全体的に髪が細くなります。そのため薄毛にみえてしまうのです。

びまん性脱毛症の原因

女性がびまん性脱毛症になってしまう原因は以下の通りです。

加齢

30代~40代頃になると女性ホルモンの量が徐々に減っていき、閉経前後では急激にホルモンバランスが変化するため、びまん性脱毛症がおこりやすくなります。

出産

妊娠中は女性ホルモンが活発に出るためにヘアサイクルが乱れることがあります。その結果、出産後に一時的に抜け毛が多くなることがあります。

ストレス・睡眠不足

ストレスを溜めたり、十分な睡眠がとれていないと自律神経やホルモンバランスが乱れる原因になります。

運動不足

運動不足だと血行が悪くなり、髪を育てるための十分な栄養が行きわたらないという事があります。これに加えて過度なダイエットなども髪の栄養不足の原因になります。

生え際や分け目が薄くなる「牽引性脱毛症」

牽引性脱毛症は、髪を結った時に髪が引っ張られることで引っ張られている部分が薄くなり、地肌が目立ってくるという症状があります。いつも同じ分け目だったり、エクステを付けているとなりやすいと言われています。

つまり、髪の毛を引っ張ったりエクステやアクセサリーを付けた重みなど、頭皮への負担によって起きてしまうのが牽引性脱毛症です。

対処法としては、髪を結わなければいけない場合にはなるべく緩めに結んだり、日によって違う結び方をしたりするということがあります。

他には、頭皮へのダメージを減らすためにヘッドマッサージをして頭皮を柔らかくしてあげるという方法もあります。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、過剰に分泌された皮脂を「マラセチア真菌」という頭皮にいる常在菌が分解することで炎症を起こすことが原因です。炎症が起きることで髪の毛が抜けたり、髪の成長を妨げてしまうのです。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症を引き起こしやすくしてしまう主な原因としては以下のことがあります。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンが少なくなると男性ホルモンが優位になります。男性ホルモンには皮脂の分泌を活発にするという働きがあるため、皮脂の分泌が増えて脂漏性脱毛症へとつながってしまいます。

偏った食生活

やはり食生活はいろんなところに影響しますね。とくに肉や油っぽい食べ物、ジャンクフードなどの食べ過ぎは皮脂の分泌を活発にさせ、皮脂の分泌を多くしてしまうと言われています。

間違った洗髪方法

肌に合わないシャンプーを使ったり、何度もシャンプーをすると頭皮が乾燥してしまいます。洗い過ぎはよくないのです。頭皮の乾燥は皮脂の過剰分泌を促すため脂漏性脱毛症の原因となってしまいます。

女性の薄毛をケアに効果的なシャンプーの選び方

女性の薄毛の主な原因はホルモンバランスの変化や頭皮環境の悪化によって起こります。そのため、女性の薄毛ケアには頭皮環境の改善に注目したシャンプーを選ぶと効果的です。

シャンプーを選ぶポイントは大きく分けて3つあります。

①頭皮に優しいアミノ酸系又は植物性洗浄成分を使っている

シャンプーの洗浄成分には主に「高級アルコール系界面活性剤」、「石鹸シャンプー」、「アミノ酸シャンプー」この3つのうちのどれかが使われていることが多いです。

このうち、高級アルコール系と石鹸シャンプーは洗浄力が強く、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまったり、頭皮の負担になるおそれがあります。アミノ酸シャンプーは洗浄力は弱いですが頭皮を傷つけずに汚れを優しく洗い流せるという特徴があります。

頭のベタツキや汚れが気になるという場合にも、洗浄力の強いものを使うよりは、アミノ酸系の頭皮に優しいもので2度洗いしたほうが頭皮への負担は少なく、薄毛の原因となりにくいです。

②ノンシリコンのものを選ぶ

シリコンが入っているシャンプーは髪をコーティングしてくれるので、髪が傷んでいる時に使うと良いです。しかし、細くなった髪の人がシリコンシャンプーを使うと、髪がぺたんとしてしまい薄毛が目立ってしまいます。

薄毛が気になる人はノンシリコンのシャンプーを使う事で髪がふんわりとしてボリュームを出してくれます。

③保湿や美容などの頭皮・頭髪の育成に良い成分が入っている

頭皮環境の改善は薄毛対策にかかせません。頭皮・頭髪の育成に役立つ効果としては以下のようなものがあります。

保湿効果

頭皮を保湿することによって乾燥による過剰な皮脂分泌を防いでくれます。

美肌効果

頭皮に潤いを与えたり、柔らかくすることによって健康な髪の育成を助けてくれます。

血行促進

頭皮の血行を良くして元気な髪の育成に必要な栄養が十分に行きわたるよう助けてくれます。

収斂効果

毛穴を引き締めて、過剰な皮脂が分泌されるのを抑えてくれます。

殺菌・抗菌効果

雑菌の繁殖による炎症を抑えて、薄毛や抜け毛を防ぎます。

抗炎症効果

炎症によって傷んだ頭皮を和らげて、頭皮環境を改善してくれます。

まとめ

女性の薄毛はホルモンバランスの変化や頭皮環境の悪化によって起こります。頭皮に優しいシャンプーを選ぶことで薄毛になりにくく、健康な髪が育つ頭皮環境を作ることができます。

薄毛対策に重要なシャンプーの選び方は、頭皮に優しい洗浄成分を使っているか、ボリュームの出るノンシリコンか、健康な頭皮・髪を育成するための成分が入っているかでした。薄毛が気になる女性はこれらの点に気を付けてシャンプーを選んでみて下さい。

おすすめの記事