女性の薄毛の原因と対策方法薄毛の悩みを抱えているのは男性のみだと思っている方もたくさんいると思います。しかし、近年薄毛の悩みは女性も多くなってきていると言われています。

そこで、ここでは女性の薄毛の原因とその対策方法に関して詳しく紹介していきます。

女性が薄毛になる原因は?

女性が薄毛になる原因は?
女性が抱える薄毛の原因は男性のそれとは少し異なります。男性の多くはAGAと呼ばれる男性ホルモン由来の薄毛が多くなりますが、女性はそれ以外のさまざまな要因から薄毛になる可能性があるのです。

女性に多い薄毛の要因としては、以下のものが挙げられます。

ホルモンバランスの低下

ホルモンバランスが乱れると発毛を促進するサイクルが乱れてしまい、薄毛を進行させることにつながります。男性もホルモンバランスの悪化で薄毛が起きることはあるのですが、体質の関係で女性の方がホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。

例えば、妊娠や出産、過度なダイエットなど女性はホルモンの乱れが生じやすい事象がたくさんあります。AGAを除けば、男性よりも女性の方が薄毛になる可能性は高いと言えます。

加齢による薄毛

髪の密度は20歳前後がピークであると言われ、以降は髪の密度、太さも少しずつ小さくなっていきます。

髪の毛の質が低下すると、髪にコシやハリがなくなり、白髪や抜け毛などが目立つようになります。また、女性は髪の毛の長い人が多いため、手入れの方法を間違うと頭皮に多大なダメージを与え、薄毛を進行させることにつながります。

ストレスによる薄毛

ストレスと薄毛には深い関わりがあります。ストレスをため込むと自律神経に乱れが生じ、ホルモンバランスを乱れさせます。その結果薄毛が進行することがあります。

近年ではストレスを抱える要因が増える傾向にあります。特に女性は男性と比較してもストレスが溜まりやすい体質だと言われています。ストレスのためすぎにはより注意が必要です。

女性に起こりやすい薄毛にはいろんなタイプがある

薄毛と言ってもその種類はいくつかあります。女性が起こしやすい薄毛はタイプ別に大きく5つに分けることができ、それぞれ症状の特徴も異なってきます。

ここではそれぞれのタイプを簡単に説明します。

分娩後脱毛症

出産後に進行する脱毛症のことです。脱毛部分の境界がはっきりしないのが特徴で、ホルモンバランスの乱れによって生じる脱毛症です。

通常授乳を終えるころには回復する可能性が高く、出産後6か月~1年程度で自然と薄毛は治ります。そのため、深く悩む必要性はありません。薄毛を隠す程度の努力だけでも対策ができてしまいます。
参考産後に抜け毛が増える原因は?予防方法はあるの?

瀰漫(びまん)性脱毛症

頭の広い範囲にわたって全体的に薄毛になる症状です。びまん性脱毛症の原因は老化やストレス極端なダイエットなどさまざまです。

女性においては最もかかりやすい脱毛症で、誰にでも薄毛になる可能性があります。

脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌によって発生する脱毛症です。皮脂が多すぎると頭皮が炎症を起こす危険性があり、それが原因で脱毛症を発生させます。

主な原因はシャンプーを定期的に行わなかったり、すすぎが不十分であるなど、頭皮に負荷をかけすぎることによるものです。早期発見で解消することができますが、症状が悪化すると自力では改善が難しいので医師の診断を受ける必要があります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は女性に多い脱毛症です。これは、ポニーテールやアップヘアなど髪の毛をまとめる際に引っ張られ、頭皮や髪の毛がダメージを受けるというものです。

長時間負荷をかけすぎることによって次第と薄毛が進行しますが、頭皮環境を整えることによって解消することも可能となっています。

円形脱毛症

その名の通り、部分的に円形の脱毛箇所が発生する症状です。円形脱毛症はリンパ球の働きが異常になることで起きるとされています。その根幹にはストレスやアレルギー疾患があります。

症状に関しても前触れなく一気に抜け落ちるパターンや、複数個所が脱毛するなどさまざまです。

こんな人は要注意

こんな人は要注意
女性の薄毛は主にストレスが原因で発生することが多くなります。さらにストレスはホルモンバランスも乱すので余計にいけません。

そのため、ストレスを感じやすい人は薄毛に注意が必要です。性格としては神経質、完璧主義、我が強いなど意思の強い人ほど薄毛になりやすい傾向があると言えるでしょう。

また、薄毛は他人に相談しにくい問題ですよね。悩みを一人で抱えたまま、症状を進行させるケースも少なくありません。

問題を抱え込むとストレスから薄毛の悪化を速めてしまう可能性も高まってしまいます。気になりだしたらすぐに予防・対策をすることが大切です。必要であれば専門医に相談するのもいいでしょう。

女性の薄毛の対策方法

女性が薄毛になる要因は男性と異なる点があります。そのため対処法も変えていく必要があります。ここでは女性の薄毛を予防、対策するための方法を紹介していきます。

絶対にはずせない!規則正しい3つの生活習慣を送ることが大前提

絶対にはずせない!規則正しい3つの生活習慣を送ることが大前提
女性が薄毛を予防するためには、まず規則正しい生活習慣を送ることが絶対条件となります。

育毛の観点から絶対外せないことは以下の3つです。

バランスのいい食生活を送る

食事は栄養バランスの整った食生活を送ること。髪の毛に良い栄養素などもありますが、継続してバランスのとれた食事を行うことが最も薄毛に効果があるとされています。

特に女性は食事制限による過度なダイエットを行いがちですので、栄養バランスには十分注意する必要があります。

睡眠は十分にとる

規則正しい睡眠を行うことです。睡眠中はホルモンの分泌が活発になるため、睡眠不足は避けましょう。

ただ、十分な睡眠とは単に長く寝ることではありません。ホルモンの分泌は質のいい睡眠によって活発に分泌されるとされています。ですので、熟睡できる環境造りも睡眠の一部と考えましょう。

ストレスは溜めない!定期的に発散すること

ストレスは溜めても心身ともに全くいいことがありません。ですが、仕事などでどうしてもストレスがたまることはあると思います。

その場合でも定期的に発散することで体には良い効果を与えます。趣味などを見つけてストレスを発散できる機会を設けるようにしましょう。

薄毛が気になるならヘアスタイルを変えてみる

薄毛が気になって仕方がないという方は、ヘアスタイルを変えることで薄毛の症状を目立たなくさせることができます。つむじや分け目が薄い場合は分け目を大きく変えて隠したり、前髪をつむじに向かってピンで集めることによってボリューム感を出すことができます。

分娩後脱毛症など一時的な脱毛症においては、ヘアスタイルを変えることは非常に効果的です。ただし、ポニーテールなど髪の毛に負担のかかる髪型は、髪の毛に悪影響を与える可能性がありますので十分注意するようにしましょう。

育毛剤を使用する

生活習慣と合わせて育毛剤を使うことでより薄毛を防ぎ、これから生えてくる毛髪の成長も助けてくれます。

ただ、育毛剤には得意な薄毛タイプがあるのでなんでもいいわけではありません。また中には副作用がある成分もあります。

特に妊娠中や産後の女性はお子さんへの配慮も必要です。何よりも女性用の育毛剤は男性との抜け毛の違いを考慮してある点が大きいですね。

なので使用する育毛剤はAGAなどの男性特有の薄毛でない限り、できるだけ女性用を選ぶのがベストと言えます。

女性におすすめの育毛剤は?

女性の薄毛対策なら「ベルタ育毛剤」

ベルタ育毛剤
  • ナノ化で有効成分の浸透力UP
  • 有効成分が56種類と業界最大級
  • 99.9%が頭皮ケア・育毛成分
  • 無添加、天然由来99.6%で頭皮にやさしい
ベルタ育毛剤は女性特有の薄毛について考慮されている商品です。育毛有効成分やアミノ酸、天然由来成分が含まれており、その効果は厚生労働省にも認可されています。

特に成分をナノ化しているので、毛穴の奥までしっかりと有効成分が浸透してくれます。この特徴は大きいです。どんなにいい成分があっても浸透しにくければ無駄になってしまいますからね。

また、無添加で天然由来成分。頭皮にやさしい成分にこだわっているので産後や妊娠中の方、敏感肌、乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

ベルタ育毛剤の公式ページを見る

まとめ:薄毛対策は早期発見・対策が大切

女性が引き起こしやすい薄毛にはさまざまなタイプと原因があります。また、女性の薄毛も男性と同じように体質的な理由によるものがあります。例えばAGAも女性にも起こり得るのです。

薄毛には早期発見・対策が大切。それには抜け毛の原因を特定して適切な対処法を知っておく必要があります。

ただ、女性の薄毛は生活習慣やホルモンバランスに依存する部分が大きく、それらを改善することで薄毛の予防・改善を行うことができることが多いです。なので気になりだしたら直ぐに対策するようにしましょう。

おすすめの記事