頭皮が痒くなる、フケが出る、何だか乾燥する、または油っぽいといった頭皮トラブルを放置していると、抜け毛にまで進行する恐れがあります。
これが基本!頭皮トラブルを防ぐために必要な7つのケア
そんな困った頭皮トラブルを改善する為にはどういったケアが良いのでしょうか?

そこで今回は7つの頭皮ケア方法をご紹介しますので、是非活用して健康な状態の頭皮へと導きましょう。ちょっとだけケアを変えてみるだけで、大分違ってきますよ。

1.頭皮に適度な潤いを与える

1.頭皮に適度な潤いを与える
健康な頭皮には適度なうるおいが欠かせません。その理由はこのうるおいがあるという事はしっかりと肌バリアである皮脂膜が形成されている証拠だからです。この皮脂膜によって、頭皮トラブルの元となる雑菌やカビが増えすぎるのを防いでいるのです。

そのため、頭皮の乾燥は頭皮トラブルの元であり、避けなければいけません。

頭皮が痒い、指で触るとザラついている、そんな貴方の頭皮は水分と皮脂が不足している乾燥頭皮と言えます。髪がパサついている、乾いていて細かいフケが落ちてくるかどうかでも判断できます。頭皮が乾燥しているなら保湿して潤いを与えてあげましょう。

頭皮の保湿には、頭皮用美容液や天然の植物オイルと言った頭皮専用のコスメを使うといいでしょう。肌に化粧水をつけて保湿するように、頭皮も保湿して保護することができます。

また、1日に何度もシャンプーをしてしまう場合や人肌より熱いシャワーを浴びている場合、それが必要な皮脂まで落とす原因になります。シャンプーは多くても1日1回、シャワーの温度は36~37℃程度に設定しておきましょう。

2.食事改善で脂っぽい頭皮を防ぐ

2.食事改善で脂っぽい頭皮を防ぐ
皮脂は皮脂膜を構成するためにある程度必要な存在ですが、過剰にあり過ぎるのもいけません。菌やカビが繁殖しやすくなり、臭いやフケなど頭皮トラブルの元になります。

例えば以下のようなことを感じた事はないですか?

  • 頭皮を触った指がぬるっとしている
  • 頭皮が油臭い
  • フケが湿っていて黄色がかった色をしている
  • 髪が湿っているようにジメジメしている

もし、これらを感じているのであれば皮脂が過剰分泌していると言えます。

頭皮の皮脂分泌量は洗い過ぎによる影響もありますが、食事による影響が大きいです。動物性のたんぱく質や脂質、揚げ物などばかり多く食べていると、皮脂の分泌量も増えやすくなります。なので、ファーストフードやスナック菓子、油っこい食事は控えましょう。

代わりに魚類や緑黄色野菜、海藻類、大豆類等の植物性たんぱく質を多めに摂取しましょう。もし牛肉や豚肉を食べる場合はなるべく脂の少ない部分を食べるようにしたり、脂身が少ない鶏のむね肉やささみにするなどすると、脂質の摂取量を減らすことができます。

また、頭がべたつくからといって髪を洗い過ぎるのも皮脂の過剰分泌の原因になります。適度に洗うように心がけることも大切です。

3.敏感頭皮は低刺激シャンプーで頭皮への負荷を少なくする

3.敏感頭皮は低刺激シャンプーで頭皮への負荷を少なくする
頭皮ニキビが出来やすい、普段から頭皮が荒れやすい人は頭皮が敏感肌で刺激に弱いのかもしれません。シャンプーは洗浄力の強い物を使うよりも、低刺激のオーガニック素材やアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

また、ヘアワックスなどの整髪料を使っている場合はそれが貴方の頭皮に合っていないのかもしれません。整髪剤に含まれている材料がアレルギーを起こしている事もあるのです。

シャンプーを替えても頭皮が良くならない場合は、一旦整髪料の使用を控えてみましょう。もしこれが原因であれば頭皮トラブルが和らいだり、治まるはずです。

4.ヘッドスパでフケや古い角質を除去する

4.ヘッドスパでフケや古い角質を除去する
フケや古い角質が頭皮の毛穴に詰まってしまうと、髪へ栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛が増えてしまいます。そこでヘッドスパをすることにより、毛穴に詰まっていたり、髪に絡まったフケや頭皮の古い角質を洗い流すことができます。

ヘッドスパは美容院でやってもらうことができますが、自宅でもやることは可能です。

ただ、ヘッドスパに使用する専用のシャンプーは洗浄力が高めです。そのため、やり過ぎると頭皮荒れを起こす恐れがあるので、使用頻度は月に2~3度程度にとどめておきましょう。

5.頭皮マッサージで血行促進

5.頭皮マッサージで血行促進
冷え症や首、肩が凝っていたり、帽子やヘルメットを長時間かぶっていることが多い方は頭皮の血行不良が起こりやすくなります。

血液は頭皮に栄養を運ぶ働きがあります。そのため血行不良はダメージを受けた頭皮の修復が困難になります。そして、栄養が十分に来なければ毛髪も育ちにくくなるので、発毛にも悪影響を与えるのです。

なので、なるべく毎日半身浴をしたたり、頭皮を指やマッサージブラシで揉むなどして血行を促進しましょう。頭皮と共に首や肩といった部分マッサージも行う事で更に効果が増します。

また、セルフケアが難しいのであれば頭皮マッサージ専門クリニック等で行うのもいいでしょう。

6.良質な睡眠を十分に取る

6.良質な睡眠を十分に取る
睡眠も頭皮の健康を保つ為に大切な行為です。毎日寝不足ですと頭皮状態も、皮脂が過剰分泌してしまったり、ターンオーバーが出来ずに古い角質ばかり溜まってしまいます。
参考意外にも重要!頭皮の臭は睡眠にも関係している

人によって十分な睡眠時間は違ってきますが、なるべくスッキリする程度まで寝るようにしましょう。ここで日中活動する方の眠る時間のゴールデンタイムが0時~5時の間と言われています。この間に睡眠を摂る事で、頭皮の地肌ターンオーバーも即されます。

7.髪の栄養たんぱく質をしっかり摂取する

7.髪の栄養たんぱく質をしっかり摂取する
強くコシ、ハリのある髪や丈夫な頭皮を生成する為に、たんぱく質は欠かせません。頭皮は体の末端にあり、栄養は他の臓器などに比べて優先順位が低め。そのため、不足すると頭皮が真っ先にたんぱく質が行き渡りにくくなります。

そうなれば髪も抜けやすくなってしまいます。なので、たんぱく質はしっかりと摂りましょう。特にダイエットでたんぱく質を抜いている場合は注意です。

ただ、動物性のたんぱく質ばかり食べるもの良くありません。摂り過ぎは皮脂分泌を過剰にして逆に頭皮トラブルの原因になるからです。それに動物性たんぱく質を多く含む食品には、酸化しやすい飽和脂肪酸も多く含まれています。

現代の食生活では動物性たんぱく質に偏っているので、植物性たんぱく質を積極的に摂るようにして動物性と植物性をバランス良く摂取するようにしましょう。

まとめ:頭皮ケアは習慣化して続けることが大切

頭皮の状態が改善できれば、今まで悩んでいた痒みフケ臭いニキビ、そして抜け毛や薄毛といったトラブルも失くす事ができます。1日2日だけですぐ改善できるという事は少ないのですが、続けている内にどんどんと頭皮状態も良くなってくるでしょう。

1ヶ月は頭皮ケアを続けて、1ヶ月経ったらもう1ヶ月といったように少しずつケアを日常化していきます。そうすればあなたの頭皮も健康的になっていくでしょう。

おすすめの記事