なぜシャンプーをしっかりとしているのに頭皮がすぐに臭くなってしまうのでしょうか?

頭皮の臭いは主に皮脂が酸化したり、汗が混ざって雑菌が繁殖することが原因と言えます。であれば、臭いの原因となる皮脂や汚れを綺麗に取り除いてくれるシャンプーによって頭皮の臭いは抑えられるはずです。

しかし、毎日ちゃんと正しいシャンプー方法を実践していても1日経つと頭皮がベタベタしたり、脂っぽいような皮脂の臭いや納豆のような悪臭がすることってありませんか?さらに、フケや痒みなどの頭皮トラブルを起こすこともあるかもしれません。

この原因として考えられるのが使っているシャンプーです。実はシャンプーには頭皮に良くない成分を含んだいわゆる「危険なシャンプー」は、逆に頭皮を臭いやすくしてしまうのです。

そこで危険なシャンプーがなぜ頭皮を臭くするのか?そして頭皮に良くない成分について解説したいと思います。

なぜ危険なシャンプーが頭皮を臭くする?

なぜ危険なシャンプーは頭皮を臭くしてしまうのでしょうか?それはこういったシャンプーには、頭皮に良くない成分が含まれているからです。

頭皮には善玉の常在菌と皮脂膜があり、これらによって頭皮の乾燥を防いだり雑菌の繁殖が抑えられています。これらは健康な頭皮環境でなければいけません。

しかし、危険なシャンプーに含まれる成分は刺激が強かったり、洗浄力が強すぎるので頭皮環境を悪化させてしまいます。

例えば、ラウレル硫酸Naは多くの市販シャンプーに含まれていますが、実は台所洗剤と同じ成分です。毎日台所で洗い物をしていると手が荒れてしまうほどの洗浄力があります。これを頭に付けていると考えてみてください。

頭皮にいいと思いますか?

間違いなく頭皮に良いわけがありません。肌あれを起こすことはないかもしれませんが、フケや痒みを引き起こす恐れがあります。

このように危険なシャンプーは強過ぎる洗浄力によって頭皮が乾燥しますし、肌への刺激も強いので肌バリアや常在菌へ大きなダメージを与えます。その結果、頭皮環境が悪化して雑菌が繁殖しやすい頭皮環境になってしまうのです。

危険なシャンプーの成分はこれ!

シャンプーに含まれる頭皮によくない主な成分は、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naといった合成界面活性剤やシリコンがあります。ただ、シリコンはそこまで危険ではないと言うのが個人的な見解です。

石油系界面活性剤(ラウレス硫酸Na,ラウリル硫酸Na)

合成界面活性剤は本来混ざり合わない油と水を混ぜ合わせるためのものです。そのため余分な皮脂を簡単に除去することができます。合成界面活性剤の種類は何千種類もあり、中には汚れを取るためではなく美容液などに使わている肌への影響が少ない種類もあります。

しかし、シャンプーや歯磨き粉などでよく使われている合成界面活性剤のラウレス硫酸ナトリウムとラウリル硫酸ナトリウムには注意が必要です。どちらも強い洗浄力を持つマイナスイオン(陰イオン)界面活性剤で、陽イオンである皮脂や汚れと結びついて除去します。また、刺激性もあります。

これらの合成界面活性剤入のシャンプーは洗い上がりはスッキリすますが、頭皮には絶対によくありません。強過ぎる洗浄力は肌バリアである皮脂膜を壊して頭皮を乾燥させ、地肌の抵抗力を低下させてしまうのです。

主な特徴は以下のようになります。

ラウレス硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウムよりも刺激性を緩和した成分で分子量も大きいので肌に浸透しにくいが、洗浄力は高い。

ラウリル硫酸ナトリウム

刺激性が強く分子量が小さいので、肌の中で浸透しやすい。肌に浸透しやすいため肌トラブルを引き起こしやすい。

シリコンはそんなに危険ではない?

シリコンはシャンプーのコーティング剤として使われ、髪のサラサラ感・ツヤを演出してくれます。特に合成界面活性剤を使った市販のシャンプーは洗浄力が強いため、シリコンの配合が必要と言えます。シリコンを入れないと髪のまとまりや洗い上がりがギシギシになってしまうのです。そのためシリコン入りシャンプーは洗い心地がいいのが特徴です。

シリコンは体に害があると言われていますが、そのことについては医学的な証拠がはっきりしている訳ではありません。それと毛穴につまるというのも怪しいです。なので合成界面活性剤よりはそんなに注意しなくてもいいと個人的には思います。それよりも正しいシャンプー方法をして洗い残しをしないことの方がいいでしょう。

ただ、シャンプーは頭皮を洗うものなので個人的にはコーティング剤であるシリコンはシャンプーに不要だと思います。髪の毛のケアはトリートメントやコンディショナーでやれば十分です。

それにコーティングしても実際は一時的に隠しているだけであって本当に髪のダメージ改善はしていません。そのため本当の髪の状態が判断できなくなり、ダメージが蓄積しても気づきにくくなってしまいます。

ですのでシリコンはそれほど敏感にならなくてもいいですが、できれば避けた方が良い成分と言えるでしょう。

なぜ危険な成分をシャンプーに入れるのか?

なぜ危険な成分をシャンプーに入れるのか?
なぜ多くのシャンプーには頭皮によくない成分が含まれているのでしょうか?それは主に以下の理由があるためと言えます。

  • 安価で大量生産するため
  • 広告費にお金をかけるため
  • 洗浄力が強い方がスッキリして洗い心地がいいため

頭皮にやさしい天然素材はコストがかかります。それに大量生産にも向きません。一方、化学成分はコストも抑えられますし、洗浄力も強いので洗い上がりがスッキリします。使用する方としては出来るだけ安くて洗った後がスッキリしている方がいいと思いがちです。

また、成分にお金をかけるよりもCMなどの広告費にお金を費やした方が売れます。

そのためコストが掛からず大量生産に向いている合成界面活性剤などの成分を使っているのでしょう。

どんなシャンプーがいいの?

頭皮の状況は人によって異なるので全ての人が満足するシャンプーはないと思いますが、出来るだけ合成界面活性剤などの刺激が強い化学成分を使っていないシャンプーがいいのは間違いありません。そして、天然の植物由来成分を使っている無添加、ノンシリコンのシャンプーがいいです。

ただ、ノンシリコンや無添加であってもあまりに安いのは危険と言えます。その他にガッツリと危険な成分が入っている可能性があるからです。そのため良質なシャンプーはどうしてもある程度値段は高くなってしまいます。

ですが頭皮に良いシャンプーは洗浄だけでなく頭皮の血行や潤いを与え、健康な頭皮環境に整えてくれます。頭皮が健康になれば、直ぐに臭いがしなくなるので洗う回数も減って経済的です。また、薄毛やフケの予防にもなります。高ければいいという訳ではありませんが、下手な頭皮ケア商品を使うよりも良質なシャンプーを使った方が頭皮は健康になります。

まずは成分を意識することです。それだけでも自分にあったいいシャンプーに出会えると思いますよ!

頭皮の臭い対策におすすめのシャンプーについては以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。
頭皮の臭いに効くおすすめのシャンプーを厳選!

まとめ

危険な成分を含んだシャンプーは頭皮に絶対によくありません。頭皮の臭いをキツくするだけでなくフケや痒みなどの地肌トラブルを起こす要因にもなります。頭皮は人によって違うのですぐに影響はないかもしれませんが、数年、数十年と使い続けたらどうなるでしょうか?

肌はしっかりと良質な美容液や洗顔フォームを使ってケアしているのに、頭皮にあると成分を気にせず何となく有名なシャンプーというだけで選んでしまいがちです。

頭皮も素肌と同じです。シャンプーは洗うだけのものではなく頭皮を整えるものだと思います。良質なシャンプーで頭皮を労わり、頭皮の臭いだけでなくフケやかゆみ、美しい髪を手に入れましょう!

おすすめの記事