枕の雑菌が頭皮の臭いと薄毛、頭皮トラブルの原因になる?
睡眠は一生のうち3分の1程度を費やすと言われています。そのため、良い人生は良い睡眠によってもたらされると言っても過言ではないかもしれません。

より良い睡眠をするために必要なアイテムといえば、枕ではないでしょうか。自分の体に合った枕であれば心地よく寝ることができますし、逆に合っていなければ寝つきが悪くなったり、腰痛や肩こりなどを起こすこともあります。

そんな安眠の鍵を握る枕。実は、頭皮の臭いをクサくしてしまう原因になることがあります。それだけでなく、頭皮トラブルや薄毛の原因にもなるのです。

頭皮の臭い対策をしているのにどうも臭いが改善されないあなた!もしかしたら枕が原因かもしれませんよ。

枕は雑菌の宝庫

枕は雑菌の宝庫
枕は雑菌やダニが繁殖しやすい環境と言えます。まさに雑菌の宝庫です。何日も同じ枕カバーを使っている場合は注意が必要と言えるでしょう。

睡眠中は汗を大量にかく

枕が雑菌の宝庫となるのにはいくつかの理由があります。その中の一つに睡眠と汗の関係が挙げられます。実は睡眠時は非常に汗をかきやすい状態にあり、雑菌にとっては繁殖しやすい環境となります。

人間は脳を休めるために深いノンレム睡眠に入るのですが、この時に大脳をクールダウンさせるために大量の汗をかき、体温を急激に低下させます。また、寝入りから1時間後に体温は再び上昇し、浅いレム睡眠に入ります。

睡眠中はこれを繰り返していますので、自然と汗をたくさんかいてしまいます。枕は頭皮が常に密着している状態となり、汗や雑菌が枕に移るため、雑菌の宝庫と言われているのです。

枕には目に見えない雑菌が密集している

見た目はきれいな枕ですが、実はかなりの量の雑菌が潜んでいることは言うまでもありません。

枕には皮脂も付着しているため、雑菌にとっては非常に繁殖しやすい環境となっていて、放置するだけでも雑菌の量は爆発的に増加していきます。

また皮膚の場合は常在菌が繁殖するにとどまりますが、枕の場合はダニやその他の菌も繁殖してしまうため、頭皮にとって非常に悪い影響を与えてしまいます。

枕の雑菌が原因で頭皮の臭いが強くなることもある

頭皮の臭いが強くなる原因の一つに枕の臭いが移るということが挙げられます。自分の枕の臭いを嗅いでみたらわかると思いますが、想像以上に臭いが強くなっていることがあります。

その臭いが頭皮に移るのですから、周りの人にも影響がないわけがありません。しかし、枕の臭いは洗濯などでは落とすのが難しいという性質があります。

これは加齢臭などの体臭が洗濯によって落とせないのと同じ理由となります。頭皮の臭いを強めないためには、定期的に枕を洗濯するだけでなく、正しい方法で洗浄することも必要となります。

このように、同じ枕カバーを何日も使い続けることは、雑菌とダニの巣に毎日頭を突っ込んでいることと変わらないのです。

不潔な枕は頭皮トラブルの原因にも!

不潔な枕を使い続けることは頭皮トラブルの原因にもなります。それは、雑菌がターンオーバーを乱したり、毛穴を詰まらしたりして頭皮環境を悪化させるからです。

人間は寝ている時に日中ダメージ頭皮に受けたダメージを修復します。これは頭皮に限らず全ての細胞でいえることです。

起きているときは、活動をするために栄養やエネルギーを使わなければならないため、細胞の修復に手がまわらないのです。なので、健康な頭皮を保つには睡眠は欠かせません。

しかし、そんな頭皮を修復する大切な時に大量の雑菌が頭皮で繁殖したら大変です。雑菌の繁殖によって頭皮はアルカリ性に傾き、頭皮の健康を維持できなくなってしまいます。その結果、皮膚の炎症やニキビ、痒みを起こしてしまうのです。

また、頭皮のターンオーバーも乱れるのでフケも多くなり、より雑菌の繁殖を加速させます。

不潔な枕は薄毛の原因にもなる?

不潔な枕は薄毛の原因にもなる?
頭皮トラブルを引き起こす不潔な枕は、当然発毛にも良くありません。頭皮は稲で言う土壌なようなもの。健康な髪の毛は健康な頭皮によって育ちます。そのため、ハリとコシがある太い髪は健康な頭皮である必要があります。

しかし、土壌である頭皮がしっかりしていなければ、ハリやコシがない弱々しい髪の毛が増え、良い髪も生えなくなってしまいます。

一生のうちで毛穴の量は減ることはあっても増えることはありません。そのため、髪が細くなるという事は薄毛になるということになります。不潔な枕は臭いだけでなく薄毛の原因にもなってしまうのです。

枕を清潔にして頭皮の健康を守ろう!

雑菌やダニを完全に無くすことは難しいでしょう。なので一番の対策は枕を清潔に保ち、より雑菌やダニが繁殖しないようにするように心がけることです。

カバーはこまめに洗う

枕カバーは直接頭が触れる場所なので、汗や皮脂が染み込んでいます。なので、できるだけこまめに洗うことをお勧めします。1日1回、少なくとも2~3日に1回は洗うようにしましょう。

また、意外と見えないフケが枕には落ちています。そのままではダニや雑菌が繁殖してしまうので、毎日洗わない場合は、起きたら枕に付いたフケや汚れを払い落とすと効果的です。

太陽があたる風通しの良い場所で干す

雑菌を消し去るためには太陽の力と風が必要です。紫外線には殺菌作用があり、菌を消してくれる効果があります。

ただし素材によっては陰干しが推奨される場合もありますので注意が必要です。また、風通しが良いとすぐに乾燥するため、雑菌の繁殖しやすい多湿の状態を短くすることができます。これも雑菌を繁殖させないためには必要なことです。

酸素系漂白剤でつけ置きする

皮脂などの汚れは通常の洗濯では落としにくいものです。事前に酸素系の漂白剤で30分程度つけ洗いをした後、通常の洗濯を行うと臭いが取れやすくなります。漂白剤には液体と粉末タイプがありますが、強さを重視するなら粉末タイプがおススメです。

髪を濡らした状態で寝ない

入浴後の髪の毛の生乾きは雑菌が最も繁殖しやすい環境です。それに髪を傷める原因にもなりますし、水分蒸発による気化熱によって頭皮の血行が悪くなってしまいます。つまり、髪の毛が濡れたままで寝るのは、頭皮と毛髪の両方に良くないのです。

入浴後はドライヤーである程度乾燥させましょう。ただ、あまりドライヤーで乾かしすぎると、逆に頭皮と髪の毛を傷める原因にもなりますので、乾かし過ぎには注意が必要です。

まとめ

不潔な枕は頭皮の臭いを加速させる原因です。それだけでなく頭皮トラブルや薄毛を引き起こす恐れもあります。

毎日枕を清潔にすることで、これらを防ぎましょう。それに清潔な枕は気持ちよく寝れますし、気分がいいです!良質な睡眠をするための役にも立つと思います。

たかが枕とは考えずに、定期的に洗濯することを忘れないようにしましょう。

おすすめの記事