頭皮は肌の中でも非常に敏感な部分であり、環境が悪化するとすぐにニキビが発生してしまいます。気が付いたらニキビができていて気になるという方も多くいると思います。
頭皮ニキビの原因と対策方法
ここでは頭皮ニキビはどのような原因で発生するのか、また対策方法はあるのかについて紹介していきます。

頭皮ニキビの原因は?

頭皮ニキビの原因は?
頭皮に限らず、人間の肌は常に成長を繰り返しています。皮膚は内側に新たに作られ、古くなった角質と呼ばれる表面の皮膚が自然と剥がれていきます。

この一連のサイクルをターンオーバー 呼ぶのですが、ターンオーバーが何かしらの原因で正常に行われなかった場合、肌に角質が残って炎症を起こし、ニキビとなってしまいます。このターンオーバーは正常ですと、28日前後を周期としています。

頭皮ニキビも顔などのニキビとほとんど同じ要因でニキビが生じます。しかし、髪の毛などで頭皮は隠されているため、大きくなっても気が付きにくいということが多くなります。

また、頭皮は顔に比べて毛穴の数が多く、毛穴同士も密集しています。そのため、ニキビができやすい部位なのです。

ターンオーバーの乱れを起こす要因は?

では頭皮ニキビの原因となるターンオーバーが正常に行われない要因は何なんでしょうか?理由としては、次の要因が挙げられます。

ストレスによるホルモンバランスの低下

ストレスが生じると副腎皮質からグルココルチコイドと呼ばれる物質が分泌されます。これは副腎皮質ホルモンのひとつで、増加するに従って免疫を司る細胞の数が減ってしまうのです。

さらにストレスが溜まると自律神経系の働きに乱れが生じます。これによって皮脂の分泌が盛んになり、表皮ケラチノサイトの増殖を抑えられることでターンオーバーを遅らせてしまいます。

この皮脂の分泌とターンオーバーを遅らせる作用によって、頭皮ニキビが作られやすい環境にしてしまうのです。

睡眠不足による細胞生成の機能低下

ターンオーバーは基本的に睡眠中に活発化すると言われています。これは睡眠中に成長ホルモンの分泌が活発に行われるからです。

成長ホルモンと聞くと子供の成長だけに役立つというイメージがあるかもしれませんが、大人になっても傷ついた細胞を再生させるという大切な役割があります。

そのため睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が少なくなると新しい細胞に入れ替わるのが遅れてしまいます。すると、細胞のバリア機能低下、乾燥肌やニキビの症状が出やすくなってしまうのです。

頭皮の乾燥

頭皮は適度なうるおいによって、雑菌の増殖や外部の刺激から頭皮を守っています。このうるおいを保つ働きをしてくれるのが皮脂膜です。頭皮の乾燥はこの皮脂膜が十分にない状態に起こります。

つまり、頭皮の乾燥はこのバリア機能が低下させ、頭皮環境が悪化しやすくなるのです。これによってターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。

頭皮の乾燥を引き起こす要因は、

  • 洗浄力が強すぎるシャンプーの使用
  • 刺激が強い成分の頭皮ケア用品の使用
  • 洗い過ぎ
  • 紫外線

などが挙げられます。

どう対処すればいい?対策方法は?

頭皮ニキビの原因を作らない

まずは頭皮ニキビを発生させないための予防策として、原因を作らないことが大切です。そのためにできることは以下のようになります。

ストレスは解消して出来るだけ溜めこまない

ストレスは解消して出来るだけ溜めこまない
ストレスを抱える原因はたくさんありますが、同時にストレスを解消する方法もたくさんあります。

過度なストレスや溜め込むことは心身ともに良くありません。一番は過度なストレスを受ける環境を避けるのが理想ですが、難しい場合はストレスを溜めこまないということが大切です。

また、適度なストレスは身体にとっても良い作用となることもあると言われていますが、小さなストレスでも溜め込むと大きな影響を与えます。小さいうちからできるだけ対処するようにしましょう。

自分の趣味に講じるのも良いし、生活習慣の改善を行うだけでも十分ストレスを解消するきっかけになります。

また、ここで言うストレスは肉体的・精神的の両方を指します。なので過度な運動による体へのストレスを防ぐことも大切です。

正しい睡眠を行う

睡眠不足によりターンオーバーが乱れている場合は、規則正しい睡眠を行う必要があります。規則正しい睡眠とは睡眠時間はもちろんのこと、睡眠の時間帯も大切です。
参考頭皮と睡眠の関係

ターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌は、入眠から3~4時間、かつ22時~3時に分泌されやすくなります。昼夜逆転の生活は肌に最も悪い影響を与えますので、まずは睡眠の習慣を正すようにしましょう。

頭皮ニキビに出来るだけ触らない

頭皮ニキビができてしまった時は、まず決して潰さないことが大事です。潰してしまうとそこから菌が繁殖し、症状を悪化させる危険性があります。気になるとは思いますが、頭皮ニキビは触らないということが一番です。

ヘアケア剤の使用は控える

ヘアケア剤などは油分を多く含んでいるため、使用を控えるようにしましょう。油分は頭皮の汚れの原因になります。頭皮を清潔な環境に維持することができれば、頭皮ニキビも自然と治ってくるはずです。

洗浄力が強すぎるシャンプーの使用を避ける

洗浄力が強すぎるシャンプーの使用は、頭皮を乾燥させて頭皮のバリア機能を低下させてしまいます。また、刺激が強いパラベンや保存料なども頭皮環境を悪化させる要因になります。

できるだけ頭皮にやさしい自然洗浄成分や刺激性の化学成分を含まないシャンプーに替えましょう。

まとめ

頭皮ニキビの対策方法は決して難しいものではなく、自分自身の生活習慣を見直すことが一番の解決方法となります。頭皮を労わる気持ちがあれば、頭皮ニキビも自然と減っていくはずです。

おすすめの記事