いつまでも香る頭皮に!ヘアコロンを長持ちさせる方法は頭皮環境にあり
ヘアコロンは頭皮の臭いを抑えるためにとても役立つものとなっていますが、頭皮の臭いが強い人はヘアコロンの持続時間も短くなってしまいます。

最悪、混ざってより悪臭になることも・・・。特に重要なことはヘアコロンを使用しても頭皮の臭いを根本から解決していないということです。

では長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか?

ここではヘアコロンの持続時間を長持ちさせるためにできることを紹介していきます。

ヘアコロンは持続力が短い!長持ちさせるならヘアパフューム

ヘアコロンは持続力が短い!長持ちさせるならヘアパフューム
ヘアコロンは香水やローションとは異なった魅力を持つもので、香水が苦手な人でも使いやすいアイテムとなっています。髪の毛につけるだけでヘアケアを行ってくれたり、頭皮独特の臭いを消してくれたりします。

ヘアコロンは頭皮の環境を悪化させることがないので比較的安心して使用することができるのですが、その一方で持続力が短いというデメリットもあります。値段もなかなか高価なものが多く、コストパフォーマンスの面からするとあまり良いとは言えないのです。

もしも持続性を重視するのであればヘアコロンよりもヘアパフュームがおススメです。

ただし、持続性が高くてもいずれ効果が切れることに変わりはありません。それでも臭いが気になる方は頭皮の臭いを根本的に消し去る必要があります。

いい匂いを長持ちさせるなら頭皮の臭いを弱くすること

ヘアコロンやヘアパフュームは頭皮からいい匂いを漂わせるために使われるアイテムです。

しかし、これらのアイテムには持続時間があるため、いつかは効果が切れてしまいます。それに対して頭皮の臭いは常に出続けるものであるため、頭皮の臭いが強い人ほどヘアコロンやヘアパヒュームの持続時間は短くなってしまいます。

また、香水と同じで汗臭さや脂臭さと混ざってより臭いが強くなってしまうこともあります。

だからと言ってたくさんヘアパヒュームを使えば香りが強烈になり、逆に不快に感じるようになってしまいます。多くの人がいい匂いと感じるのは強い香りよりも自然に香るやさしい匂いという事がいろんなアンケート調査でも明らかになっています。

ですので、やさしく香るようないい匂いを長持ちさせるには何よりも元の頭皮の臭いを弱くすることが大切です。

頭皮の臭いを弱くする方法は?

ヘアコロンなどを使用することも対策の一つですが、頭皮の臭いを根本から弱めることによってヘアコロンの効果を持続させることが可能となります。

ここでは頭皮の臭いを弱くする方法を紹介していきます。

雑菌が繁殖しにくい頭皮環境にする

頭皮の臭いが強くなる原因として雑菌の異常繁殖があります。雑菌が異常に繁殖していしまうのは洗い過ぎによる頭皮の抵抗力の低下と不潔です。

おそらくこの記事を読んでいる方は臭いを気にしている方が多いと思うので、不潔が原因であることはないでしょう。そのため、もうひとつの洗い過ぎによって雑菌が繁殖しやすい頭皮環境になる可能性があります。

洗い過ぎは一時的には綺麗になりますが、臭いが強くなりやすい頭皮環境にしてしまいます。それは洗い過ぎることで頭皮に存在する雑菌の繁殖を抑える表皮ブドウ球菌などの常在菌が死滅し、皮脂不足による皮脂膜の形成が正常にできなくなるからです。
参考洗い過ぎが頭皮の臭いを強くする原因になるってホント!?

皮脂膜は頭皮を弱酸性にして雑菌の活動を抑えてくれる天然の抗菌剤

特に皮脂膜は頭皮を弱酸性にして雑菌の活動を抑えてくれる天然の抗菌剤と言えます。洗い過ぎによって皮脂を必要以上に除去することは菌を増えやすくする要因になってしまうのです。

主にこの洗い過ぎを引き起こす要因は以下の3つと言えます。

  • 洗う回数が多い
  • 頭皮を傷つける洗い方をしている
  • シャンプー剤の洗浄力が強すぎる

なので洗い過ぎを防ぐにはこれらの要因を防ぐことです。

洗う回数は多くても1日1回で十分。洗い方は頭皮をマッサージするようにやさしく洗います。
参考頭皮の臭いを防ぐシャンプー方法!頭がクサイのは洗い方のせい?

特にラウレル硫酸Naやラウリル硫酸Naなどの石油系界面活性剤を使っているシャンプー剤は、もともと皮脂の分泌が少ない女性にとっては洗浄力が高すぎる可能性があります。使用するシャンプー剤は程よい洗浄力で頭皮にやさしいシャンプーを使うようにしましょう。

また、頭皮の雑菌の繁殖を抑えるという点では抗菌作用がある頭皮用美容液をシャンプー後に使うというのも効果的です。頭皮用美容液は保湿効果があるので、後述する皮脂分泌が多くなるのを防ぐのにも役立つので頭皮の臭いを防ぐにはもってこいと言えます。

皮脂が必要以上に分泌されるのを防ぐ

皮脂はある程度必要な存在であり、必要量であれば逆にニオイを防ぐ存在になります。しかし、必要以上に皮脂が分泌されると雑菌が繫殖し、頭皮の臭いの原因になります。そのため、頭皮の臭いを弱くするには皮脂の分泌量を必要以上に分泌されるのを防ぐことです。

皮脂が過剰分泌される原因の大半は「過剰な頭皮の洗浄」と「生活習慣の悪化」にあります。シャンプーをし過ぎても皮脂は逆に多くなってしまいますし、不規則な生活を送るだけでも皮脂のバランスは悪くなります。

皮脂の分泌量を抑えるためには正しい生活習慣と正しいシャンプーの方法が必要不可欠なのです。

特にシャンプー後は頭皮がどうしても乾燥してしまうので植物オイルや美容液などで保湿してあげるといいでしょう。
参考頭皮のオイルケアは臭い対策に効果的!?毛穴の汚れと保湿が同時にできる優れモノ

ストレスの軽減を心掛ける

ストレスの軽減を心掛ける
ストレスは臭いと深い関わりがあります。ストレスが溜まると自律神経に乱れが生じて汗腺や皮脂腺の働きに乱れが発生します。
参考ストレスは皮脂の分泌を盛んにして頭皮を臭くする

こうなると正常な皮脂の分泌が難しくなり、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。ストレスを軽減する方法はたくさんありますが、特にアロマや運動などはリラックス効果が高く、良い手段となります。

ストレスは自然と溜まっていくものですので、それを適度に解消できるように心がけることが大切です。

まとめ

ヘアコロンは臭いを消すのではなく香りで被せて隠すだけです。長持ちさせるにはより強い香りを使う必要がありますが、もともと頭皮の臭いが強ければ混ざってより強烈な悪臭になることもあります。

それよりも頭皮の臭いを弱くすればそんなに強い香りを使わなくてもいい匂いを長持ちさせることが可能です。

そのためには頭皮環境を整えような対策をすることが大切です。頭皮環境が良くなれば、自然とヘアコロンの持続時間長くなり、たとえ香りが切れたとしてもクサくなりにくいので安心ですね。

おすすめの記事