頭皮の臭いが気になるならシャンプーを替えてみよう!
毎日シャンプーをしているのに頭皮の臭いが気になる。それどころか乾燥や痒みなどの頭皮トラブルも気になってきた。こうなると頭皮用美容液やマッサージ、炎症を抑える塗り薬などで対策したくなります。

しかし、その前にまずはシャンプー剤を替えてみるとこれらの悩みは解決するかもしれません。なぜなら頭皮環境を悪くする多くの原因はシャンプーにあるからです。

ではなぜシャンプーが頭皮環境を悪化させて、臭いをきつくするのでしょうか?今回はその理由と頭皮に良いシャンプーについて紹介します。

シャンプーが頭皮の臭いをきつくさせる原因に

シャンプーによって頭皮の臭いをきつくさせてしまうことがあります。特に洗浄力が強すぎるシャンプーは洗い過ぎを引き起こし、臭いが発生しやすい頭皮にしてしまうのです。

洗い過ぎというと洗う回数が多いと思うかもしれません。ですが、洗浄力が強過ぎるシャンプーの使用は、例え洗う回数が1日1回だとしても洗い過ぎになります。

まず頭皮の洗い過ぎがいけないのは、皮脂の分泌過多を引き起こすことです。頭皮の臭は主に皮脂が原因であり、皮脂が酸化したり、汗と混ざることで強い臭いを放ちます。そのため、洗いすぎによって皮脂の分泌が多くなれば臭いも発生しやすくなるのです。

また、洗い過ぎは頭皮を乾燥させたり、ターンオーバーの乱れを起こしてフケや痒みなどの原因にもなります。これらの頭皮トラブルが起これば、頭皮の抵抗力が落ちるので臭いの発生も早くなります。

乾燥やターンオーバーの乱れは頭皮環境が悪化しているということなので、発毛や育毛にも良くありません。
参考頭皮のターンオーバーの乱れが頭皮環境を悪化させる

汚れを落とすことだけがシャンプーの役割ではない

汚れを落とすことだけがシャンプーの役割ではない
シャンプーにはどういったイメージがありますか?やはり「汚れを落とす」というイメージがあると思います。

確かにそれもありますが、もう一つの大切な役割があります。それが頭皮を健康にすることです。シャンプーの語源は「頭皮マッサージ」という意味があります。頭皮をマッサージすることで血流が促され、代謝が活性化して頭皮が健康になります。

つまり、シャンプーは汚れを落とすことだけでなく、血行を促進して頭皮を健康にする役割もあるのです。そのため頭皮をマッサージすることがができる成分である必要があります。

しかし、洗浄力が強い成分でマッサージしたら頭皮は健康になるでしょうか?むしろ逆効果ではないでしょうか。ですので、洗浄力や刺激が強いシャンプーは避けるべきなのです。

シャンプーにーティング剤は不要

シャンプーにーティング剤は不要
シャンプー剤の中には髪の毛をコーティングする成分が含まれているものもありますが、これは避けるべきと言えます。シャンプーにシリコンやコーティング剤が含まれているという事は毛穴を防ぎやすくすることになります。

髪の毛を整えるのはリンスやコンディショナーの役割であって、頭皮の為に使うシャンプーにコーティング剤は必要ありません。

特にコーティング剤としてよく使われる成分「低分子性カチオン界面活性剤」は、タンパク質変性作用があります。髪の毛に付けるだけであれば問題はないですが、頭皮に対しては最もダメージを与えると言われている成分です。シャンプーに入っていれば頭皮へのダメージは避けることはできないでしょう。

コーティング剤の入ったシャンプーは洗い上りがよく、使い始めてから数日で髪質が良くなります。そのため髪の毛がキレイになったと感じます。

ですが、それは一時的な見かけだけの効果です。それもそのはずで、髪の毛は1日に0.3~0.4ミリしか伸びないのにそんなに早く改善できるはずがありません。そのシャンプーを使わなくなると髪の毛は元に戻ります。

しかもこういったシャンプーを使い続けることで頭皮へのダメージが蓄積し、新しく生えてくる毛髪にも影響を与えます。ですから、シャンプー剤にコーティング剤は不要なのです。それよりも頭皮を健康にする成分を配合すべきと言えるでしょう。

頭皮にやさしいアミノ酸シャンプー

シャンプー剤は洗浄成分によって大きく3つに分けることができます。

  • アルコールシャンプー
  • 石鹸シャンプー
  • アミノ酸シャンプー

アルコールシャンプーは、洗浄成分に市販で多く売られている石油系界面活性剤を使ったもので、最も洗浄力が高く刺激が強いのが特徴です。これよりも刺激が弱いのが石鹸をつかった石鹸シャンプーとなり、最も低刺激なのがアミノ酸シャンプーになります。

アミノ酸シャンプーが低刺激と言われるのは、髪や頭皮など人の体を作るたんぱく質を構成しているアミノ酸を使っているからです。体を構成している成分なので、程よい洗浄力で洗い過ぎを防ぎます。しかも、アミノ酸を補給することもできます。

このように、アミノ酸シャンプーは、頭皮の健康を維持しながら余分な汚れだけを落としてくれるのです。

ただ、アミノ酸シャンプーと表記されているシャンプー剤であっても「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「スルホン酸」などの石油系界面活性剤が主成分の商品もあります。ですので、注意して成分を確認してみましょう。主成分は基本的に成分表の初めの方に表記されています。

アミノ酸シャンプーの表記例

ココイルダルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNaなど。
ヤシ油脂肪酸などの例外もありますが、基本的に語尾にグルタミン酸、アラニン、タウリン、グリシンなどが付く傾向があります。

参考頭皮の臭いに効くシャンプーの特徴と選び方!おすすめは?

まとめ

どんなに頭皮に良くないシャンプーでも少しずつ頭皮環境を悪くしていくので、急に頭皮環境が悪化することはありません。そんなシャンプーがあれば普通に使えないと思います。そのため、気づいた時には頭皮にかなりダメージが蓄積していると言えます。

そうならない為にも何か違和感がある場合は早めに対策が必要です。シャンプーを替えたら頭皮の臭いが弱まるかもしれませんよ。頭皮にやさしいシャンプーで、是非健康な頭皮を手に入れて下さい!

おすすめの記事