しっかり洗っているのに頭皮のニオイが気になる。その時はいいけど時間が経つと頭皮が脂クサい・・・。もしそんなことを感じているのであれば使っているシャンプーが合っていないのかもしれません。頭皮ケアは「シャンプーで始まりシャンプーで終わる」と言われるほどシャンプーは重要な要素です。

しかし、シャンプーも製品によって成分が異なり、皮脂の分泌量には個人差があります。そのため臭いが気になる場合は、まず自分に合ったシャンプーを選ぶ必要があるのです。

そこでここでは頭皮のニオイに効くシャンプーの特徴と選び方について紹介していきます。

頭を洗ってもクサい原因は「皮脂」に関係があり

頭皮のニオイは汗よりも皮脂による影響が大きい
シャンプーをしっかりしているのに頭皮のニオイが落ちないと感じている方は、シャンプーの方法が間違っているか、シャンプーが自分の肌に合っていないということが考えられます。

ではなぜシャンプーが臭いに影響するのでしょうか?それは頭皮の臭いの原因には皮脂が大きく関係しているからです。

頭皮に限らず体臭などの臭いが発生する原因は汗と皮脂が混ざって酸化することにあります。ただ、汗はもともと99%が水分なので分泌直後はほぼ無臭の存在です。無臭のはずの汗が臭くなるのは頭皮上にある雑菌やフケと反応して臭い物質が発生するからなのです。

もちろん汗腺機能の衰えや生活習慣の乱れ、内臓機能の低下などによってクサい汗を発汗するようになれば汗も十分臭いの原因になります。また、無臭と言っても汗にはアンモニアやイソ吉草酸、重炭酸イオンなどが微量に含まれているので、汗をかいてそのままにすればこれらの成分が蓄積してニオイになります。

しかし、皮脂が混ざって酸化する場合はさらに強いニオイになります。これは油が酸化すると強烈なニオイになるということからも想像できると思います。特に毛穴に古い皮脂が詰まった状態はこの酸化を加速させるので、より臭いが発生しやすくなります。体の中でも頭皮はダントツで皮脂の分泌が多い場所です。そのため皮脂による臭いへの影響は大きいと言えるのです。

洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮を臭いやすくする要因に!

洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮を臭いやすくする要因に!
頭皮の臭いの主な原因は皮脂にあるということになると、では徹底的に皮脂を除去するために洗浄力が強いシャンプーにした方がいいのでは?と思うかもしれません。しかし、洗浄力が強すぎるシャンプーは逆に臭いを発生しやすくする要因になる可能性があります。

なぜなら嫌われがちな皮脂には、皮脂膜の形成や雑菌の繁殖を抑える常在菌を育てる働きをしてくれる頭皮環境を守る大切な存在でもあるからです。
参考頭皮の皮脂がもつ役割とは!?健康な頭皮に欠かせない存在?

なので必要な皮脂まで根こそぎ除去してしまうと、頭皮のニオイを防ぐ抵抗力を落としてしまうことになります。その結果、逆にニオイが発生しやすい頭皮環境になってしまう可能性があるのです。それに皮脂が不足することで頭皮が乾燥たり、フケや痒みを起こしやすくなるので頭皮環境にもよくありません。

確かに洗浄力が高いシャンプーの方が汚れが落ちてスッキリして気持ちがいいですね。しかし、それは一時的なものと言えます。したがって、ニオイを抑えるのであればシャンプーの洗浄力は強よすぎず弱すぎない程度がベストと言えるのです。ただ、ちょうどいい洗浄力は人によって異なるので、実際に自分で試して合うかどうかを確認する必要があるでしょう。

洗浄力が強いシャンプーとは?

石油系界面活性剤は極力控える
洗浄力が強いシャンプーは、洗浄成分の主成分として「ラウレス硫酸」、「ラウリル硫酸」などの石油系界面活性剤を使っているものです。特別オイリー肌でなければこれらの洗浄成分を主成分として配合されているシャンプーは控えるべきだと言えます。

石油系界面活性剤が主成分のシャンプーは洗浄力が高く、泡立ちもいい特徴があります。そのため使用感がよく、スッキリ感があります。また安価でつくれるので余計にいいところばかりです。しかし、石油系界面活性剤は強力な洗浄力があるので、必要最低限の皮脂まで落としてしまう恐れがあります。

頭皮の臭いに効くシャンプーの特徴とは?

頭皮の臭い対策に効くシャンプーの特徴は以下の通りです。

  • 洗浄成分の主成分がアミノ酸系
  • 消臭成分入り
  • ノンシリコン(できれば)

洗浄成分の主成分がアミノ酸系のシャンプー

アミノ酸系洗浄成分は肌への刺激が少ないほか、適度な洗浄力を持っています。それはアミノ酸がもともと人間の構成するたんぱく質だからです。そのため洗浄成分の中でも負荷が少ないんです。また、生分解性にも優れており、環境にもやさしい成分と言えます。
参考アミノ酸シャンプーは頭皮の臭い対策に効果的!

ただ、人によってはアミノ酸シャンプーでは皮脂の洗浄力が足りないという方もいます。その場合は2度洗いをするという対策をすればいいでしょう。やさしい洗浄力であれば2度洗いしても頭皮に与えるダメージは少なくて済みます。

消臭成分入り

消臭成分
シャンプー成分に消臭成分が含まれていれば頭皮の臭い消しに役立ちます。柿タンニンや茶カテキン、ローズマリーやラベンダーなどのハーブ、クマ笹などの植物には高い消臭作用があると言われています。なのでこういった消臭成分が含まれているのかにも注目するといいいでしょう。

また、これらに抗菌・収れん作用も期待できるので、「臭いを消す」だけでなく「臭いの発生を防ぐ」ことにも役立つと言えるでしょう。

できればノンシリコンを選ぶ

シリコンには髪の毛をコーティングし、潤いとツヤを良くする効果があるので洗い心地を良くするのに役立つので使われています。ただ、これは賛否両論ありますが、髪にはよくても頭皮にとってはいい成分であるかと言えば疑問です。頭皮環境とニオイが大きく関係するので、できれば避けたい成分と言えます。

頭皮の臭い対策に効くおすすめのシャンプー5選

まずは結論から。

ちゃんと頭皮環境を整えてくれるのに役立ってくれるシャンプーを厳選しました。また、その他の頭皮にやさしいシャンプーについては以下の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください。

1番のオススメは「ハーブガーデンシャンプー」

ハーブガーデンシャンプー

メーカーさくらフォレスト株式会社
価格・容量単品:2,160円(税込)/300mL
セット:4,320円(税込)/各300mL
特徴
  • 天然成分100%
  • 南阿蘇産オーガニックハーブウォーター使用
  • エコサート認定オーガニック成分配合
  • 38種類の天然由来成分使用
  • 天然アロマ精油を使用
  • 15日間返金保障あり

1番オススメなのがさくらの森のハーブガーデンシャンプーです。アミノ酸系を中心に程よい洗浄力の洗浄成分で構成されており、刺激が強い添加物も使われていません。

また、頭皮のニオイを防ぐのに必要な抗菌や消臭作用がある成分も含まれています。

  • ソープナッツエキス:抗菌
  • フルボ酸:抗酸化、抗菌、保湿
  • 7種類のハーブ:消臭、抗菌

中でも注目は抗菌や消臭作用があるローズマリーやヨモギなどの7種類のハーブを使っている点。しかもこの7種類のハーブは煮て抽出し、そのエキスを精製水として使っているんです。シャンプーの約70%は水です。つまり、ハーブガーデンシャンプーはハーブティーが多くを占めているということです。

他にも頭皮ケアやヘアケアにいい成分が豊富に含まれています。抜け毛とか白髪ケア、フケ対策とかに特化してないけどオールマイティに活躍できるシャンプーなので、どれにしようかよくわからないという人はハーブガーデンシャンプーを選べば間違いないでしょう。

香りには精油を使っており、専門のアロマアドバイザーが監修しています。強めのラベンダーなのでラベンダー嫌いの人には向いていませんね。ただ、すすげばほとんど匂いが消えてしまいます。

洗い上がりもオーガニックシャンプーとは言えないほど上質な洗い心地です。僕はよく洗った後に頭皮が乾燥して痒くなったり、フケがでたりしていたんですが、ハーブガーデンではそれがほとんどなくなりました。どうしても乾燥する場合はハーブガーデンのコンディショナーは洗い流さないトリートメントとしても使えるので、頭皮に塗って潤いを与えてやるといい感じになります。

シャンプーとしては少し高めの価格ですが、頭皮ケア用品を別に使う必要がなくなったので、それだけの価値は十分あるかなと思っています。

2番目にオススメ「haru黒髪スカルプ・プロシャンプー」

haru黒髪スカルプ・プロシャンプー

メーカー株式会社nijito
価格・容量3,110円(税込)/400mL
特徴
  • 天然由来成分100%
  • 10の無添加。無添加へのこだわり
  • リンス・コンディショナー不要
  • 33種のエイジングケア成分
  • メラニン・メラノサイトのメカニズムに注目
  • 30日間返金保障あり

洗浄成分はアミノ酸系で構成されており、低刺激でほどよい洗浄力です。起泡剤としても使われるコカミドDEAが使われているので、泡立ちがいいアミノ酸系シャンプーです。リンスなしでもいいというのが売りで、やさしい洗い心地になっています。ただ、全体的に控えめな洗浄成分を使っているので、皮脂量が多い方の場合だと少し洗浄力不足に感じるかもしれませんね。

香りは柑橘系です。植物エキスを香料に使っているので、季節によって多少匂いが変わります。スッキリしていて程よい香りなので、強い匂いが苦手な人にはいいかもしれません。

泡もきめ細かく、使い心地はいいです。これまで石油系界面活性剤を主成分にしたシャンプーを使ってきた人でも違和感なく使えると思います。後、ボトルがオシャレなのでなんかいいですね。

3番目にオススメ「mogans(モーガンズ)スキャルプシャンプーリッチ&ブルーミン」

mogans(モーガンズ)「スキャルプケアシャンプー」リッチ&ブルーミンの成分解析・口コミ

メーカー彩り株式会社
価格・容量単品:2,808円(税込)/300mL
セット:5,054円(税込)/300mL・200g
特徴
  • 天然由来成分99%以上
  • 12の無添加処方
  • グリチルリチン酸2kをシリーズ史上最大配合
  • 15種類の植物由来アミノ酸成分を配合
  • 天然精油をふんだんに配合

mogansのシャンプーはいろんなシリーズがありますが、どれも植物と天然の力を最大限に引き出すことをコンセプトにつくられています。その中でもこのスキャルプケアシャンプーはモーガンズ史上最高傑作と豪語するシャンプーです。

洗浄成分はラウロイルメチルアラニンNaという低刺激のアミノ酸界面活性剤がメインになっています。低刺激で適度な洗浄力があるシャンプーです。また、抗炎症作用がある甘草由来成分(グリチルリチン酸2k)と保湿作用があるアミノ酸成分をふんだんに配合しています。頭皮環境を整えるのに役立ちます。

ただ、残念なのがキャップ式でポンプ式ではないということ。分量調整は慣れが必要なのと、使用時にはこぼさないように気を付ける必要がありますね。

香りは果実油とイランイランの天然精油を使っており、これも人気の一つです。

4番目にオススメ「BELTA ベルタシャンプー・ベルタトリートメント」

BELTA ベルタシャンプー・ベルタトリートメント

メーカー株式会社ビーボ
価格・容量シャンプー&トリートメント:3,218円(税込)/220mL・200g
特徴
  • 天然由来成分100%
  • 13の無添加。無添加へのこだわり
  • 15種類のオーガニック成分
  • 22種類の植物エキス
  • 4種類の美容成分
  • 消臭作用があるカキタンニン、チャ葉エキス、ローズマリーエキス配合
  • 業界最大78種類の成分配合

ベルタシャンプーは100%天然由来成分でつくることにこだわっているシャンプーです。添加物をできるだけ使わないように細かく指定しており、その数なんと13種類です。そのため肌が弱い方でも安心して使うことができます。また、37種類のボタニカル成分を使用しています。その他アミノ酸など業界最大級の成分数78種類を配合しています。その中には消臭作用があるカキタンニン、チャ葉エキス、ローズマリーエキスが含まれています。

ただ、価格がちょい高めです。公式での購入が一番安いんだけど、通常でも4,000円超え。定期購入だと初回は3,000円と少し安くなるけど、2回目から4,000円超えてきます。それに定期購入に縛りがあります。この点でちょっと気軽に手を出せないシャンプーですね。

5番目にオススメ「チャップアップシャンプー」

チャップアップシャンプー

メーカー株式会社ソーシャルテック
価格・容量シャンプー&トリートメント:3,280円(税込)/300mL
特徴
  • 毛髪診断士と開発
  • RO膜による純度の高い水を使用
  • 10種類のオーガニック成分配合
  • 植物系成分22種類配合
  • 永久返金保障付き

こちらも洗浄成分がアミノ酸系を中心に構成されており、やさしい洗い心地のシャンプーです。10種類の植物エキスが配合されており、これらの成分が健康な頭皮に整えてくれます。ニオイ対策においては消臭・抗菌作用があるローズマリー、ラベンダーが含まれています。

洗い心地もよく無添加のオーガニックシャンプーとは思えない洗い心地です。香りはフローラル系の甘い香りです。他のと比べるとちょっと強めの匂いがするので、香りを残したい人に向いています。

シャンプーの洗い方、その後のケアも大切

基本的に正しいシャンプー方法はこれだけでOK!

基本的に正しいシャンプー方法はこれだけでOK!
シャンプーは自分の肌に合ったものを選ぶことは大切ですが、同時にシャンプーの洗い方も同じくらい大切です。

シャンプーの洗い方を間違えると、頭皮をうまく洗浄することができず、皮脂が残る原因となりかねません。また、頭皮を傷つける恐れもあり、逆に頭皮環境を悪化させる可能性もあります。

正しいシャンプー方法は難しいことをする訳ではなく、基本的に4つの手順を意識するだけです。

①ブラッシングする
髪の毛に付いた塵や埃などをこれで落とします。ブラシは静電気が起きにくいものにしましょう。手でも大丈夫です。

②すすぐ
意外と蒸らすだけの人が多いのではないでしょうか。ですが、これは結構重要な手順です。ここでしっかりとすすぐことで髪と頭皮の汚れはだいたい落とせますし、シャンプーの泡立ちに影響してきます。

③シャンプーを付けて頭皮をマッサージして洗う
シャンプーにはもともと頭皮をマッサージするという意味があるそうです。頭皮ケア成分を含むシャンプーでしっかりとマッサージしてあげましょう。

④しっかりとすすぐ
洗い残しはかゆみやニオイの原因になるのでしっかりとすすぎます。見た目落ちたと思っても意外と残っているものです。目安としてはシャンプーの2倍程度がいいでしょう。

汚れが強い場合や汚れが十分に落ちていないと感じた時は2度洗いするなどして調節するといいでしょう。

洗髪後のケアも忘れずに!

シャンプーによる洗浄後の頭皮ケアもとても大切。特にドライヤーでしっかりと乾かすことが挙げられます。

頭皮を洗ったまま放置すると頭皮の水分が溜まり続け、細菌が繁殖して臭いの原因になります。これは洗濯物の生乾きと同じですね。また髪の毛の生乾きはキューティクルが開いた状態です。そこに臭い物質や雑菌が入り込むことで頭髪臭の原因やダメージヘアの原因になります。

なので正しい方法でシャンプーを行ったからといって油断してはいけません。

また、頭皮が乾燥して痒い時は植物オイルや頭皮用美容液でしっかりと保湿してあげるといいでしょう。

まとめ

頭皮のニオイ対策はシャンプー一つで劇的に変化します。ニオイの原因の多くはシャンプー選びを間違っていることによるものです。

「しっかりとシャンプーをして清潔にしているのにニオイが気になる。」という方は、まずはシャンプーを変えてみるとニオイの悩みが解決するかもしれません。

特にシャンプー選びで大切なことは髪の毛のケア成分よりも頭皮にダメージを与えないような成分配合になっていることです。確かに髪の毛をきれいにするのも大事ですが、これから生えてくる髪の毛は今の頭皮環境が影響してきます。

それに昔は「頭皮にやさしいシャンプー=髪がキレイにならないシャンプー」というイメージでしたが、現在ではここで紹介したような頭皮ケアとヘアケアも両方できるシャンプーが出てきています。

当然一般のシャンプーよりも価格は高くなりますが、頭皮トラブルが起きてからいろいろと対処する手間やお金、ストレスなどを考えると安いと言えるのではないでしょうか。

おすすめの記事