フケと抜け毛には密接な関係がある!?
フケと抜け毛には密接な関係があります。フケを取り除くことは薄毛を予防することにもつながりますので、注意深く観察することが大切になります。

ここではフケと抜け毛の関係性について詳しく紹介していきます。

フケと抜け毛の関係

フケと抜け毛の関係
フケが多いと頭皮の環境が悪くなっていると感じると思います。実際にフケと抜け毛には深い関わりがあり、フケが多い人は抜け毛に注意が必要になります。つまり、フケが抜け毛の原因になることがあるということです。

ではどのように関係しているのでしょうか?それはフケの発生原理から説明することができます。

フケは頭皮の環境が悪くなることによって出る症状です。なのでフケの多い頭皮は炎症を起こしやすい状態と言えます。フケは頭皮の古い角質の一種で、本来であればターンオーバーにより正常に剥がれ落ち、目に見えるほどの大きなフケになることはありません。

しかし、生活習慣の乱れや皮脂の不足、または過剰分泌により頭皮の環境が悪くなるとフケとなって頭皮に溜まりやすくなります。

これによって引き起こされる抜け毛が「粃糠(ひこう)性脱毛症」です。フケが大量に発生することで頭皮の毛穴が詰まり、そこに雑菌が繁殖することで炎症を起こしてしまうのです。

髪の毛は頭皮の内部にある毛母細胞が毛細血管から栄養素を受け取ることによって成長することができます。しかし、頭皮が炎症を起こしてしまうとこの栄養のやり取りがうまくいかず、思うように成長することができなくなります。そのため、弱くて細い毛しか育たず、一定の周期を待つことなく髪の毛は抜けてしまうのです。

フケによる抜け毛の対策と予防法

フケはさまざまな原因で発生する症状で、すべてを改善しないことにはフケを予防することはできません。ここでは、どうすればフケを改善することができるのか紹介していきます。

シャンプーの方法を変える

シャンプーの方法を変える
フケは頭皮を洗いすぎても不足していても発生する可能性があります。なので、フケを防ぐためには適度な洗髪が必要不可欠ということです。

そのためにもまずは自分の肌に合ったシャンプーを選ぶことが必要になります。ですが、すでにフケに悩まされている場合は低刺激のシャンプーや殺菌シャンプーを選択するようにしましょう。

どちらがいいのかはフケが乾燥性と脂漏性なのかで変わってきます。なので自分のフケがどのタイプなのかを見極めることも大切になってきます。

また、これはご存知の方も多いかと思いますが、爪を立ててゴシゴシ洗う行為は頭皮を傷つけ、フケの原因となりますので絶対に行ってはいけません。

ストレスをため込まない

ストレスをため込まない
ストレスと薄毛には深い関わりがありますが、同時にストレスとフケにも深い関わりがあります。

ストレスが溜まると免疫力が低下すると言われており、頭皮も炎症を起こしやすい体質となってしまいます。また、ストレスは毛細血管の流れを悪くし、頭皮に栄養素が行き渡りにくくなります。
参考ストレスはフケを増加させる原因になる?

ですのでまずはストレスをため込まない、またはストレスをすぐに解消できるように心がけることがポイントです。

規則正しい食生活を送る

フケにはいくつかの種類がありますが、食生活が乱れることで生じるフケは皮脂の分泌が過剰になるケースが多くなります。肉や甘い物などの動物性タンパク質を過剰摂取すると、皮脂の分泌量が多くなり、頭皮の環境が悪化してしまいます。

一人暮らしで急にフケが多くなった場合、もしかしたら食生活が要因になっているかもしれません。普段どんな栄養を摂取しているのかを意識するだけでも食生活は変わるので、一度「食べているもの」について意識してみるといいでしょう。

適度なヘアケアを行う

パーマやカラーリングは髪の毛だけに影響を与えるものと考えているかもしれませんが、実は頭皮にも多大なダメージを与えています。特にカラーリング剤は頭皮に付着したまま放置してしまうと危険です。

頭皮がピリピリすると感じた場合は、刺激をなるべく与えないことが大切となります。フケの多い人はカラーやパーマを控えることも選択肢の一つとして考慮してみましょう。

まとめ

フケが発生するということは頭皮環境が良くないということです。頭皮は髪の毛を育てる場所なので、その頭皮環境が悪ければ当然髪の毛にも悪影響を与えるのは当然かもしれませんね。

フケが多いと思ったら抜け毛になりやすい頭皮環境になっている可能性があります。毛髪のサイクルは年単位でまわっているので、薄毛になってから対策しても完治に時間がかかります。

なのでフケが多くなったと感じたらまずは自分の「頭皮ケア」を見直してみるといいでしょう。

おすすめの記事