抜け毛を防ぐならオーガニックシャンプーが効果的ってホント?
オーガニックシャンプーというといいイメージがありますよね。中にはこのオーガニックのイメージを利用して内容は全然オーガニックでないものもありますが・・・。

さて、このオーガニックシャンプーは抜け毛を防ぐのに効果的という話を聞いたことありませんか?

確かにオーガニックシャンプーは普通のシャンプーよりも何となく抜け毛にいい気がします。でも一体どのような点が抜け毛に効果的なのでしょうか。

そこでここではその理由について詳しく解説します。

そもそも抜け毛とシャンプーの関係は?

そもそも抜け毛とシャンプーの関係は?そもそもなぜ抜け毛とシャンプーが関係しているのでしょうか?それはシャンプーが頭皮環境に大きく影響するからです。

抜け毛はAGAを除きさまざまな要因により、フケや炎症などの頭皮トラブルが続くことで毛周期が乱れることで起こります。そしてこの頭皮トラブルを引き起こす最大の要因がシャンプーによる洗い過ぎと頭皮へのダメージなのです。

例えば、洗い過ぎると過剰に皮脂を除去してしまいます。皮脂は頭皮環境を守る役割があるので、皮脂を過剰に除去してしまうと痒みやフケなどの頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。また、洗い過ぎはさらなる洗い過ぎを招くので頭皮環境を悪化させる悪循環をつくります。
参考頭皮の皮脂がもつ役割とは!?健康な頭皮に欠かせない存在?

確かに古い皮脂や汚れは頭皮環境を悪化させる要因なので、しっかりとシャンプーをして頭皮を清潔にすることは大切です。しかし、それが過剰になると頭皮を守るための防衛機能が低下させ、逆に頭皮トラブルを引き起こしやすい頭皮にしてしまうのです。

特によく使用される石油系の界面活性剤はかなり強い洗浄力を持つので洗い過ぎてしまいます。また、こういった化学成分は刺激が強いので頭皮へのダメージも大きいです。

このようにシャンプーは抜け毛と密接な関係があるのです。

なぜオーガニックシャンプーが抜け毛を防ぐ?

ではなぜオーガニックシャンプーが抜け毛を防ぐのに役立つのでしょうか?

それは頭皮環境を悪化させる洗い過ぎと頭皮へのダメージを減らし、健康な頭皮を保つことに注目してつくられているからです。これに役立っているのがオーガニックシャンプーがもつ2つの特徴と言えます。

低刺激で頭皮にやさしい

オーガニックシャンプーの最大の特徴は低刺激で頭皮にやさしいことです。そのために洗浄成分には最も刺激が少ないとされるアミノ酸系の洗浄成分を使っています。

アミノ酸系の洗浄成分は洗浄力は高くありませんが、人間の肌と同じ成分なのでやさしい洗い心地です。なので頭皮の環境が悪くなることにより薄毛になっている方にとっては、オーガニックシャンプーの効果を最大限に得ることができます。

余計な化学成分は使わずに天然植物成分を使っている

オーガニックシャンプーは化学的に作られた髪の毛を保湿する成分が含まれていません。頭皮環境を守ることだけに成分を割いています。

その代わりに天然の植物成分などを使っています。オーガニックシャンプーには保湿や抗炎症作用、抗菌・消臭作用、血行促進作用などがある植物成分を含んでいることが多いので、より頭皮の環境を整えるのに効果的です。

スカルプシャンプーとオーガニックシャンプーはどっちが効果的?

呼び名よりも何が使われているかが重要

オーガニックシャンプーが抜け毛に効果的となると、

  • スカルプシャンプーと何が違うの?
  • スカルプシャンプーとオーガニックシャンプーはどっちが抜け毛に効果的なの?

と思う人も多いかもしれません。しかし、これはどちらがいいかと一概には言えません。

なぜならどちらも頭皮環境を整え、髪が育ちやすい頭皮をつくることで育毛を助けるという点において目的は同じだからです。つまり、スカルプシャンプーとオーガニックシャンプーは言い方を変えただけであってほとんど同じものと言えるのです。

ただ、オーガニックシャンプーの方がより自然派成分にこだわっている印象になりますね。

ですので、その商品の呼び名は重要ではありません。それよりも「何を使っているか?」、「どんな頭皮にいい成分を使っているか?」に注目することが大切です。

どちらも直接育毛効果があるわけではない

スカルプシャンプーとオーガニックシャンプーはどちらも抜け毛予防に役立ちます。他にも育毛シャンプーなんかもありますね。

ですが、どんなシャンプーでも直接育毛効果があるわけでありません。

あくまでも育毛に役立つシャンプーは、

  1. 使うことで頭皮環境が健康になる
  2. 髪の毛が育ちやすくなる
  3. 結果的に髪の毛が増える

というように育毛を助ける働きをしてくれるだけです。

スカルプシャンプーもオーガニックシャンプーも間接的に育毛に影響はしても直接髪の毛を増やすことはないのです。これは医薬部外品であっても同じことが言えます。

また、育毛に効果があるかは毛周期の後退期と休止期が平均4~5ヵ月と言われているので、最低でも6ヶ月程度の時間が必要です。なのでどんなに効果があるシャンプーでも最低6ヶ月程度は様子をみる必要があると言えるでしょう。

当然これはシャンプーに限らず育毛剤でも同じことが言えます。

オーガニックシャンプーのデメリットは?

オーガニックシャンプーはメリットだけではありません。当然デメリットもあります。

値段が高くなる

オーガニックシャンプーは化学成分でつくられたシャンプーと比べると、数倍の値段になります。これはオーガニックシャンプーが天然成分でつくられているからです。安価で大量につくることができる化学成分のシャンプーと比べると、どうしてもコストがかかってしまうのです。

泡立ちが悪い

オーガニックシャンプーのデメリットとして泡立ちの悪さがあります。シャンプーにおける泡立ちは界面活性剤によるもので、石油系界面活性剤は特に泡立ちの良さが特徴です。そのためこれと比べるとどうしてもオーガニックシャンプーの泡立ちは負けます。

ただ、頭皮を洗うという意味においては、泡立ちはさほど重要なことではありません。確かに泡立ちが良いと髪の毛の損傷を防いでくれる効果はありますが、洗浄力との関わりはかなり薄くなります。なのでオーガニックシャンプーでも実際にはしっかりと頭皮の洗浄を行うことができているのです。

洗浄力が弱くなる

頭皮にやさしいということは洗浄力はどうしても弱くなります。そのため石油系界面活性剤の洗浄力と比べるとどうしても劣ってしまうのです。

特に皮脂量が多い人がオーガニックシャンプーで雑な洗い方をすると汚れや古い皮脂を残してしまうかもしれません。やはりしっかりと丁寧に洗うことが大切です。

ただ、1度で洗浄力が高いシャンプーで洗うよりも、程よい洗浄力で2度洗いをした方が頭皮にはやさしいと言えます。

抜け毛予防に効くオーガニックシャンプーの選び方

抜け毛予防に効くオーガニックシャンプーを選ぶには、低刺激で頭皮へのダメージが少ないこと。そして同時に頭皮環境を整える成分も含んでいるかがポイントになります。

人工添加物が使われていない(無添加)なのかを成分表で確認する

オーガニックと表記されていてもラウリル硫酸~やラウレス硫酸~などの石油系界面活性剤を使っているシャンプーがあります。また、実際にはオーガニック成分を少しだけ使って他は人工添加物であることもあります。これはなんちゃってオーガニックシャンプーです。

  • 無添加であるか?
  • 洗浄成分にはアミノ酸系などの植物性界面活性剤だけを使っているか?

をしっかりと確認しましょう。

パッケージに惑わされずにしっかりと成分表を確認することが大切です。

頭皮環境を整える成分が入っている

ローズマリーやセージ、ラベンダー、ローリエなどのハーブには頭皮の炎症を抑えたり、抗菌や血行促進によって清潔に整えたりするなどの作用があり、頭皮環境を整えるのに効果的です。中でもローズマリーやセージは育毛剤でもよく使われています。

安すぎるものは避ける

天然素材は化学成分でつくるよりも手間やコストがかかります。しかも大量生産が難しいのでどうしても一般のシャンプーよりも高額になってしまいます。なのでシャンプーは値段に比例して効果が高くなる商品といえるかもしれませんね。

まとめ

オーガニックシャンプーは抜け毛の予防に役立ちます。それは髪の毛をつくる頭皮環境に注目しているからです。やはり髪を生む土壌となる頭皮が良くなければいい髪は育ちません。

頭皮は素肌の延長であり、刺激が強い化学成分によって頭皮にダメージを受けやすいとても敏感な場所です。健康な頭皮も美肌のためには洗浄力や刺激が強い洗顔フォームで洗い過ぎないということと同じことが言えますよ。

髪の毛に影響が出始めるのは最低でも半年です。これは抜け毛が起きてから元に戻すまでにも同じ時間かかるということが言えます。気になる方は早いうちからオーガニックシャンプーで髪が育ちやすい健康な頭皮を手に入れましょう。

おすすめの記事