頭皮のオイルケアは臭い対策に効果的!?毛穴の汚れと保湿が同時にできる優れモノ

頭皮の毛穴の汚れはなかなか取れないので、洗浄力が強いシャンプーなどで無理に汚れを落とそうとしてしまいがちです。しかし、それは頭皮にダメージを与え、逆に良くありません。

ではどのように落とせばいいのか?それが天然油によるオイルケアです。

天然油は皮脂に近い成分なので、頭皮にダメージを与えることなく不要な汚れを落としてくれます。しかも同時に保湿もしてくれます。そのため、頭皮のオイルケアは臭い対策に効果的です。それだけでなく健康な頭皮を維持するためにも欠かせません。

今回は頭皮のオイルケアにおすすめの天然油とマッサージの方法を紹介します!普段のシャンプーと合わせて天然油によって頭皮をマッサージし、健康で若々しい頭皮を手に入れましょう!

皮脂はなくてはならない存在

頭皮臭の主な原因は皮脂です。また、脂漏性皮膚や頭皮のニキビなども皮脂の分泌が影響しています。そのため、皮脂は悪いものというイメージがあります。

しかし、それは過剰な皮脂がいけないのであって決して皮脂そのものが悪いのではありません。

皮脂は肌バリアと言われる皮脂膜を形成するための原料です。皮脂膜が十分になければ、雑菌の繁殖を抑制する抵抗力が弱まり臭いやすくなりますし、乾燥によって炎症や痒みも起きやすくなります。つまり、適度な皮脂は健康な頭皮を維持するためになくてはならない存在なのです。

そのため皮脂を必要以上に除去してしまうことは頭皮を無防備にするということを意味します。そうなれば体は皮脂の分泌量を多くするしかありません。これが脂性の原因になるのです。ですから、シャンプーなどで徹底的に皮脂を除去は良くありません。

ですが、皮脂に近い油を使ったオイルケアであれば、頭皮に負荷をかけずに毛穴の汚れを落としたり、保湿することができます。そのため、オイルケアは臭いが発生しにくい健康な頭皮つくりに効果的なのです。

どんな油がいいの?

椿油

椿油
椿油は日本でも古くから親しまれており、江戸時代に整髪料として普及していたオイル。主な成分はオレイン酸という脂肪酸です。その含有量はかなり高く、オイレン酸が多いことで有名なオリーブオイルの約75%に対し、椿油は約85%もあります。

オイレン酸は皮脂の40%以上を占める成分です。そのため、この脂肪酸が主成分の椿油は頭皮の油分補給に適していると言えます。

ホホバ油

ホホバ油には抗酸化物質の代表であるビタミンEが豊富。そのため酸化しにくいので、防腐剤が不要です。

主成分は皮脂の20%以上を占めるワックスエステルであり、皮脂と似ているオイルなので高い浸透性があります。ワックスエステルは肌は弾力や潤いを保つ存在。頭皮の若々しさを取り戻すのに役立つオイルと言えるでしょう。

また、皮脂分泌の調整作用もあると言われているので、乾燥肌~脂性肌とすべての肌質で使えるオイルです。

オリーブオイル

オリーブオイルはオレイン酸が主成分なので、肌になじみやすい天然オイルです。ビタミンEやポリフェノールも豊富に含まれているので、抗酸化作用もあります。

頭皮マッサージで使用する場合、できれば頭皮用がいいですが、食用であればエクストラバージン・オリーブオイルがおすすめです。エクストラバージンはオリーブの実を搾ってろ過しただけで、化学処理をしていません。

アルガンオイル

アルガンオイルは、肌の保湿成分であるセラミドを作る成分「リノール酸」が豊富に含まれています。そのため、肌の保湿効果を高めるのに役立ちます。

また、ビタミンEやカロテンと言った抗酸化物質も含まれています。中でもアルガンオイルに含まれているビタミンEの含有量は、オリーブ油やアーモンド油の2倍以上です。そのため、肌を保湿するだけでなく、老化を防止する美容効果もあるのです。

アルガンオイルは髪の毛のダメージ修復にも効果的なので、頭皮ケアの理想的なオイルと言えます。
参考アルガンオイルの頭皮への効果!選び方とおすすめの使い方

もちろん全身に使えるのでこれ一つあれば全身の肌対策はバッチリですね。

おすすめのアルガンオイルは?

アルガンオイルは数多く売られていますが、やはり天然植物油なので化学物質を含まないものがいいです。ちなみに自然派由来と無添加はどちらも化学物質が含まれており、完全に原料100%ではありません。また、オーガニックコスメであっても原料が100%ではないものもあります。

なので自然派由来や無添加と表記しているものは避けてオーガニック認定をされ、かつ原料100%としっかりと表記されているものがいいです。こういったオイルであれば頭皮ケアでも安心して使えます。

この条件を満たすのはココロコスメのアルガンオイルです。
おすすめのアルガンオイルは?
こちらのアルガンオイルはモロッコ産のアルガニアスピノサ核油100%を使用。オーガニック認証エコサートを取得しています。しかも公式ページではオイレン酸やトコフェノールなどの含有量も載っているので品質の信頼もできます。

ココロコスメの公式ページはこちら

オイルケアと合わせて頭皮用美容液でより臭わない頭皮へ

植物油を使ったオイルケアは保湿の面で非常に優れています。そのため頭皮環境を健康にするにはもってこいです。

ただ、頭皮の臭いを消すということにおいては即効性はありません。どちらかというと頭皮環境を整えて発生しにくくしていくという感じです。

なのでより臭いケアということに重視するのであれば頭皮の臭い対策用美容液を使うといいでしょう。ただ、頭皮用美容液は植物油と違って100%オーガニック成分という訳にはいかないので化学物質が気になる方は植物油がいいと思います。

頭皮の臭い対策ならこれ!?クリアハーブミスト

頭皮の臭い対策で美容液を使うのであれば、「クリアハーブミスト」がおすすめです。
頭皮の臭い対策に「クリアハーブミスト」がおすすめ
植物油は頭皮環境を整えるのに特化していますが、こちらは頭皮の臭いケアに特化しています。そのため臭いを防ぐという点ではこちらの方が即効性があります。

その臭いケアに役立っているのが「ローズマリーエキス」です。まずローズマリーエキスは肉料理のクサみ取りとしても利用されているほど、その消臭力には定評があります。さらに抗菌作用と収れん作用、保湿作用を持っているので臭いの発生を防ぐには持ってこいです。

もちろん臭いを防ぐだけではありません。ちゃんと頭皮を整える成分も配合されています。

  • 白ビワ・・・頭皮のコラーゲンを支える
  • マルチフルーツエキス(コケモモ、サトウキビ、カエデ、オレンジ、レモン)・・・頭皮環境を整えて臭いが発生しない頭皮に効果的
  • サクラ葉エキス・・・炎症とかゆみを抑える効果
  • オウバクエキス・・・フケを抑える効果
  • クロレラエキス・・・栄養たっぷりで美髪にも役立つ

また、香りはほどんどないのでヘアコロンや整髪料の香りと混ざる心配もありません。クリアハーブミストを付ければ頭皮の臭いを防ぎ、いい香りと悪臭が混ざって変なニオイになる心配もないんです。

当然敏感な頭皮に使う美容液ですからパラベンやエタノール、合成香料などの刺激が強い成分は使っていません。低刺激成分でつくられています。

とは言っても少なからず添加物は含まれていることは確かなので、気になる方は天然の植物油がいいと思います。臭いを早く何とかしたい方に向いている美容液です。

クリアハーブミストの公式ページを見る

効果的にオイルケアするための2つのポイント

ただオイルケアをしてもいいのですが、どうせならより効果的になるように使いたいですよね。そこで、オイルケアの効果をしっかりと発揮させるやり方についてご紹介。ポイントは2つだけです。

入浴中や入浴後のマッサージをする

入浴中や入浴後のマッサージが効果的
入浴中に使うことで、臭いや炎症の原因になる毛穴の汚れを落とすのに役立ちます。やり方はいろいろ紹介されていますが、基本的には以下の3つの手順です!

  1. オイルを指の腹を使って頭皮に馴染ませるようにやさしくマッサージする
  2. その後数分間おいて洗い流す
  3. シャンプーをしてしっかりとすすぎをする

また、入浴後にオイルマッサージをすれば、頭皮の保湿やダメージケア対策にもなります。オイルの使用する量は100円玉程度が目安と言われていますが、人によって異なりますので、べたつかない程度の自分に合った量を使うといいでしょう。

頭皮マッサージの注意点

間違った頭皮マッサージのやり方では、頭皮が傷ついたりして逆に良くありません。正しい方法でマッサージして健康な頭皮を手に入れましょう。

頭皮マッサージで注意すべきポイントは、「爪を立てないこと」と「強く擦らないこと」です。頭皮は肌と同じく敏感なので、できるだけやさしくケアしましょう。

まとめ

頭皮は肌の延長であり、同じくらいケアが大事です。洗顔後に美容液や化粧水などでケアするように頭皮にもしてあげましょう。

植物油は髪や頭皮以外にも全身に使えます。なので、1本持っているだけで頭皮ケアだけでなく全身の美容対策にも使えて便利です。それにアロマのキャリアオイルとしても使えます。

中でもアルガンオイルは頭皮ケアにおいて非常に優れたオイルです。また、酸化しにくい油なので長持ちします。

ただ、もし早く臭いを防ぐのであれば、クリアハーブミストのような頭皮環境を整えると同時に臭いを防ぐ頭皮用美容液の使用が効果的です。

頭皮ケアをしてぜひ悩みの頭皮の臭いとさよならしてしまってください。

おすすめの記事