運動を行ったときに頭皮がピリピリと刺激を感じたことはないでしょうか。このピリピリは頭皮が大きなダメージを受けているサインとなります。

ここでは汗をかいたときに頭皮がピリピリする原因とその対策方法について紹介していきます。

汗で頭皮がピリピリする原因は?

汗をかいたときに頭皮がピリピリ痛いと感じた時は、頭皮の環境に変化が出ている証拠となります。ここではまず、頭皮がピリピリする原因について説明していきます。

頭皮のピリピリは肌の乾燥が原因

頭皮のピリピリは肌の乾燥が原因
頭皮が汗でピリピリしてしまうのは、頭皮が乾燥しているからです。頭皮の乾燥にはいくつかの理由がありますが、その中でも多い原因として過剰なシャンプーを挙げることができます。

過剰なシャンプーによって皮脂が不足して頭皮を保護してくれる皮脂膜がうまく形成されなくなってしまうのです。皮脂の大切な役割について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
参考頭皮の皮脂がもつ役割とは!?健康な頭皮に欠かせない存在?

ですので、頭皮がピリピリするからと言ってシャンプー不足だと思ってシャンプーを過剰に行ってはいけません。過剰にシャンプーを行ってしまうと肌の保湿に必要な皮脂までも洗い流してしまい、結果として頭皮の皮脂不足が発生します。

頭皮が乾燥したり皮脂の過剰分泌が行われることで環境が悪化すると敏感肌になり、汗などでも肌がピリピリと痛むようになってしまいます。

ピリピリは頭皮環境が悪化している証拠

頭皮環境の悪化は何も外的なダメージだけではありません。栄養不足やストレス、寝不足などによって頭皮環境は悪化する可能性があるのです。

頭皮に十分な栄養素が行き渡らないと頭皮の保湿やバリア機能が失われ、頭皮が炎症を起こしやすくなります。また、これらのような生活習慣の悪化は頭皮の乾燥も引き起こす可能性があり、これが頭皮のピリピリの原因ということも考えられます。

いずれにしても頭皮がピリピリするということは、頭皮が何かしらの助けを求めていることになります。適切な対策を行い、頭皮の環境を正常に保つことが必要となります。

対策方法は?

頭皮がピリピリする原因は主に頭皮の乾燥であることを説明しました。ここでは、ピリピリしてしまった時にどのような対策をとればよいのか紹介していきます。

熱いお湯でシャンプーをしないこと

熱いお湯でシャンプーをしないこと
頭皮には適度な皮脂が必要となります。もしも熱いお湯でシャンプーを行ってしまうと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

シャンプーを行う際の適切なお湯の温度は38度前後だと言われています。もしもそれより高い温度でシャンプーを行っている場合は、すぐに適切な温度に変更するようにしましょう。

シャンプーのすすぎには十分な時間をかける

頭皮がピリピリする原因はシャンプーの洗い残しかもしれません。シャンプーは皮脂を洗うために一役買ってくれますが、長時間頭皮に残り続けると、汚れになったり炎症を起こしたりする可能性があります。

なのでシャンプーを行うことは大切なことですが、それ以上にきちんと洗い流すことの方が大切なんです。特に髪の長い女性の場合、シャンプーの成分が残りやすい傾向にありますので注意しましょう。

目安としてはシャンプーでマッサージする時間の2倍程度すすぎを行うようにしましょう。

シャンプーを変えてみる

乾燥は皮脂の過剰洗浄によって起こります。適切な方法でシャンプーをしているのに、頭皮の乾燥が止まらないという方は、シャンプーの成分が自分の肌に合っていない可能性もあります。

シャンプーは製品によって洗浄成分や強さが異なります。それは皮脂の分泌量に個人差が生じるためであり、自分の皮脂分泌量に応じたシャンプー選びも必要となります。頭皮のピリピリに悩んでいる場合は乾燥が原因となりますので、アミノ酸シャンプーなどの刺激の弱いものに変えてみるといいでしょう。

まとめ

頭皮のピリピリには様々な要因が考えられますが、頭皮環境が悪化していることに違いはありません。頭皮のダメージをそのままにしておくと薄毛や抜け毛にもつながりますので、しっかりと対策を行うようにしましょう。

おすすめの記事