生活習慣とAGAの関係!生活を変えてもAGAは改善できない?
薄毛と生活習慣には深い関わりがあります。しかし、AGAの場合はどうなのでしょうか?生活習慣によってAGAが進行したり改善したりするのでしょうか。

ここではAGAと生活習慣の関係について紹介していきます。

AGAと生活習慣の関係は?

AGAで悩んでいる人にとっては、身近な改善法で症状を改善したいと思うのは当たりまえのことです。多くの人は生活習慣の乱れによって薄毛が発生しているため、AGAで悩んでいる人もまずは生活習慣を改善しようと思うはずです。

しかし、AGAは通常の薄毛とは原因が全く異なる症状です。果たしてAGAは生活習慣によって影響を受けるものなのでしょうか?

AGAは生活習慣によって症状が進行するのか?

AGAは男性ホルモンが原因となる薄毛です。そのため、生活習慣によってAGAが進行するということはなく、一般的にはAGAと生活習慣には関わりがないとされています。

しかし、AGA以外にも薄毛になる原因はたくさんあります。生活習慣も薄毛とは深い関わりがありますので、AGAの原因にならないからと言って無関係だと油断してはいけません。

AGAが生活習慣に少なからず影響されるという考えもある

AGAの大きな要因となる5α-リダクターゼは遺伝によって分泌量が決まります。しかし、ホルモンの分泌量は常に変化していて、それは生活習慣によって左右されます。

AGAは5α-リダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンを還元することによって症状が発生するため、男性ホルモンの分泌量が変化することはAGA発症の可能性を向上させることにつながります。

ホルモンバランスが変化する要因は主にストレスです。
AGAはストレスが少なからず影響しているという考えもある
仕事やプライベートなどで精神的なストレスを感じるようになると自律神経に乱れが生じ、ホルモンの分泌量が変化します。そのため、ストレスを減らすことによってAGAを少なからず改善させることができるという考えもあります。

AGAと生活習慣はほとんど関係がないと言えますが、全くではないということです。また、生活習慣の乱れは薄毛以外にもさまざまな悪影響を及ぼすものです。例えばタバコも薄毛に関係していると言われています。
参考タバコが抜け毛に影響するってホント!?確実ではない...でも注意が必要

いずれにしても生活習慣を正すことは、健康につながるため良くするに越したことはありません。

薄毛を抑える生活習慣で症状を抑える

AGAにおいては頭皮環境よりもホルモンバランスが症状の改善に重要な役割を担っています。生活習慣の中でもホルモンバランスを整える行為は、以下のものが挙げられます。

適切な睡眠

適切な睡眠
適切な睡眠とは眠りに入る時間帯と、睡眠時間のことを指します。睡眠中はホルモンの分泌量が活発になるため、ホルモンバランスを整えるためには必要とされる習慣です。

特にホルモンの分泌は寝入ってから3時間の間に分泌量が急激に増加します。この3時間の間に熟睡することができれば、ホルモンも正常な分泌が行われることになります。

睡眠に気を遣う場合は質のいい睡眠ができるように準備したり、寝室の環境を整えたりして十分に熟睡できるように心がけましょう。
参考良質な睡眠をする方法!睡眠不足を解消して頭皮を健康に

ストレスを解消する

ストレスを解消する
ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こす最大の要因です。ストレスを感じるなというのは難しいことですので、適度にストレスを解消することが大切になります。

ストレスを解消する方法は人によって異なりますが、運動を行うことはホルモンの分泌量を正常にしてくれるのでおすすめです。

運動の中でも有酸素運動は体の代謝を高めるにはうってつけです。有酸素運動は道具なしで育毛対策ができてしまう方法と言えるでしょう。

特にデスクワークで普段あまり動かない方は、心身健康のためにも積極的に運動をしてあげましょうね。

まとめ

生活習慣を正すことによってAGAの症状を抑えることができるだけでなく、頭皮環境の悪化による薄毛を防ぐことにもつながります。生活習慣が乱れている場合は、一度自分の生活を見直してみましょう。

ただこれらの方法によってホルモンバランスを整えることは可能となりますが、根本的にAGAを改善することにはなりません。

AGAを発症したら、専用の育毛剤を使ったり対策する必要があります。また、薄毛が進行してしまった場合には専門医に相談することが必要があると言えるでしょう。

おすすめの記事