タバコが抜け毛に影響するってホント!?確実ではない…でも注意が必要最近は禁煙の場所がどんどん増えて喫煙者の方にとっては、肩身の狭い思いもされている方も多いのではないでしょうか?

辞めたいと思ってもなかなかやめられないのがタバコです。これは喫煙者にしか分からないことです。吸ったことがない人はこの大変さが分かりませんからね...。

ですが、タバコは出来るだけ早めにやめるべきなのは確かです。様々な健康被害をもたらしますし、頭皮においても良くありません。タバコが抜け毛を引き起こすことは確実ではありませんが、リスクは高くなると言えるのです。

そこで、ここではタバコと抜け毛の関わりに関して紹介し、タバコを止めることによって毛髪にどのような効果をもたらすことができるのかを説明していきます。

タバコが抜け毛の原因になるの?

タバコが抜け毛の原因になるの?
タバコによって何倍もハゲになりやすくなるというはっきりした検証データは今のところありません。

ですが、タバコは「百害あって一利なし」。タバコは体にいいと言える代物ではないことは確かであり、当然抜け毛を引き起こすリスクは高くなります。それは、タバコが体に及ぼす影響を考えることで理解することができます。

ニコチンには血管収縮作用があるため

タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があると言われています。これによって血液の全身へのめぐりが悪くなります。

血液は栄養を運ぶ働きをしてくれる存在です。そのため、血流が悪くなれば栄養補給がスムーズにできなくなってしまいます。

髪の毛は毛細血管から届く栄養によって育つので、血行が悪くなれば栄養補給が難しくなり、髪の毛の成長が妨げられることになるのです。

特に頭皮は心臓などの内臓と比べると優先順位が低くく、頭部は体の一番上部で筋肉もほとんどないのでもともと血行が悪くなりやすい部位です。そのため血行不良による毛髪への影響は大きいと言えます。

タバコがストレスを生み出して自律神経を乱すため

タバコに含まれるニコチンには依存性があります。ニコチンは脳のドーパミン神経を刺激し、ドーパミンを強制的に放出させます。これによって一時的な幸福感をもたらすことが可能なのです。

しかし、喫煙が続くとタバコ以外でドーパミンを作れない体となってしまいます。すると効果が切れた際に離脱症状と呼ばれる不安感やイライラが発生するようになるのです。これが依存症になる原理です。

この依存症は一種のストレスになります。そして自律神経の乱れを引き起こし、結果として薄毛を進行させることにつながるのです。

このようなストレスは喫煙をしなければ本来発生しません。つまり、タバコがストレスを生み出しているということになるわけです。

DHTが増えるため

DHTは毛母細胞に作用することで抜け毛を引き起こすAGA(男性型脱毛症)の原因物質です。このDHTがタバコを吸うことで増える傾向があると言われているのです。
参考AGA(男性型脱毛症)の原因と対策方法

ハーバード大学公衆衛生学部による1,241人の米国人中年男性を対象にした調査によると、喫煙者と非喫煙者のホルモン量を比較したところ、喫煙者は非喫煙者よりもDHTが13%高い値を示したそうです。

ただ、AGAによる抜け毛には男性ホルモンレセプター(受容体)の感受性も関係してくるので必ずしもDHTが高ければ抜け毛が多くなるとは言えません。これがヘビースモーカーでもフサフサの人がいる理由かもしれませんね。

ですから、タバコを吸うことで抜け毛になるとは言えませんが、抜け毛のリスクが高まる可能性があるとは言えます。

過酸化脂質を増やすため

タバコは体内の活性酸素を増やしてしまいます。さらにビタミンCを破壊するので体の抗酸化力も低下させてしまいます。すると、活性酸素による影響を受けやすくなり、皮脂の脂肪酸を酸化させて過酸化脂質を大量に発生させてしまうのです。

この過酸化脂質は頭皮や毛母細胞にダメージを与え、頭皮トラブルを引き起こしたり育毛の妨げになります。しかも一度発生すると、自動酸化によって次々に脂肪酸を酸化させてしまう厄介ものです。

タバコでビタミンCが減って抗酸化力が落ちればなおさらでしょう。

さらに過酸化脂質は、皮膚の角質と混ざることで脂漏性のフケとなり、脂漏性脱毛症を引き起す要因にもなります。

こんな人はタバコをやめると抜け毛が減るかも!

こんな人はタバコをやめると抜け毛が減るかも!
抜け毛には様々な原因がありますが、大きく分けると生活習慣由来のものとホルモン由来のものがあります。タバコを止めると抜け毛が減る可能性の高い人は、その中でも生活習慣がきちんとしているのに抜け毛が多いという人です。

AGAなどの症状は例外となりますが、生活習慣がきちんとしているのに薄毛が進行している場合は、タバコが原因で抜け毛が多くなっている可能性があります。したがって、タバコを止めることによって抜け毛の要因を排除することができ、抜け毛の減少につながるのです。

ただしタバコを止める際は禁断症状に気を付けるようにしましょう。いきなり止めると禁断症状からストレスが溜まり、抜け毛を進行させる可能性があります。

禁煙することで抜け毛を減らすことができるのですが、止めるのにも一苦労である点がタバコの難しい部分です。

タバコを止める以外にも抜け毛対策をしよう

もちろんタバコを止めただけでは抜け毛が減らない可能性もあります。それは、別の原因で薄毛が進行しているからです。

タバコ以外の抜け毛を引き起こす原因は主に以下の要因が挙げられます。

ホルモンに由来する薄毛

AGA(男性型脱毛症)や出産後脱毛症などホルモンが原因で薄毛になることはあります。

ホルモン由来の脱毛症は、単に育毛剤やスカルプシャンプーを使用するだけでは対策することはできません。専用の育毛剤、サプリなどを利用する必要があります。例えばAGAであれば5α-リダクターゼを抑制する成分が入った育毛剤やサプリです。

ホルモンに由来する薄毛の場合、取り合えず育毛剤では全く効果がない場合があるので、まずは薄毛の原因を把握する必要があります。

生活習慣に由来する薄毛

栄養不足、ストレス、睡眠不足など薄毛と生活習慣には深い関わりがあります。どれが欠けても薄毛を進行させる要因になります。そのため、タバコを止めると同時に、規則正しい生活習慣を心掛けることも重要です。

その他にも急に抜け毛が増えた場合にも注意しましょう。
参考急に抜け毛が増えた原因と対処方法

まとめ

タバコを止めることで抜け毛を減らせる可能性は十分にあります。

しかし、薄毛の原因はさまざまあり、禁煙だけでは解決できない可能性もあります。それでも頭皮においてタバコにメリットは一切ありません。

確実にハゲるとは言えませんが、ハゲるための爆弾を常に抱えていると同じです。それに、頭皮の環境を守るためにもタバコをやめることはとても良いことばかりです。大変ですが本数を減らしたりして少しづつ禁煙していきましょう。

おすすめの記事