乾燥肌の方は頭皮にも潤いを!頭皮の乾燥が臭いをキツくする?
頭皮が乾燥すると痒くなるしフケも多くなるので嫌になりますね。特に乾燥する季節になると毎日頭皮をボリボリ、パラパラ。しかも洋服に落ちると不潔に見られるので気を使います。

そんな頭皮の乾燥は頭皮の臭いをきつくする原因になります。

そこで、ここでは頭皮の乾燥が臭いに与える影響を明らかにします。さらに、頭皮にうるおいを与える方法も紹介したいと思います。

なぜ乾燥が頭皮を臭くしてしまうのか?

頭皮の乾燥は、地肌の保湿維持に貢献している皮脂膜が壊れたり、角質層のセラミドなどの細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)が傷つき、水分が蒸発してしまうことで起こります。

この頭皮のうるおいを保つ肌バリアは、雑菌やウイルスなどが皮膚への侵入を防ぐ役割もしています。特に皮脂膜は、雑菌を抑制してくれる善玉の常在菌を増やすためには欠かせない存在です。雑菌は皮脂、石鹸カスでも汚れやほこりなど何でも食べて増えますが、善玉の常在菌は皮脂を好みます。

そのため皮脂膜が少なくなるとそこに善玉の常在菌よりも雑菌が多くなり、臭くなりやすくなってしまうのです。さらに善玉の常在菌は皮脂膜を皮膚に広がりやすくするための酵素も作っており、常在菌の低下は新たな皮脂膜の形成にも影響を与えます。

新たな皮脂膜がうまくできなければさらに乾燥が進み・・・。と言った悪循環が出来上がるわけですね。

また、頭皮の乾燥はパラパラしたフケを多くします。フケが多くなると雑菌の繁殖もしやすくなるので、これも乾燥が頭皮を臭くする原因と言えるでしょう。

このように頭皮の乾燥は意外と侮れないのです。

頭皮を乾燥させてしまう原因

ではなぜ頭皮は乾燥してしまうのか?それは主に5つの原因があります。

間違った洗い方や洗いすぎ

皮膚の保湿は、皮脂膜がメインではありません。肌のうるおいやハリに最も貢献している存在は、角質層のセラミドなどの細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)です。

一方、皮脂膜はこれらよりもうるおい成分が少ないですが、肌の保湿を外に逃さないようにしてくれます。つまり、皮脂膜は肌の外壁のようなものであり、角質層にあるの保湿を守っている存在なのです。

洗いすぎやブラッシングのやり過ぎ、洗浄力が強い合成界面活性剤入のシャンプーの使用は、この皮脂膜を壊してしまいます。

すると肌の水分が外に漏れだしやすくなり、角質層に傷がつくことで乾燥しやすい頭皮になってしまうのです。

角質層が傷つくと慢性的な乾燥を招く

角質層は外的異物の侵入を防ぐ役割もあります。そのため、傷つけば体は防衛反応として角質細胞の生成を早めます。

すると急ぎで角質を作ることになります。このように作られた角質層は十分なバリア機能をもっていません。そのためさらに洗いすぎをすると、余計にこういった角質層を作り出し、乾燥が慢性化してしまうのです。
頭皮の臭いを防ぐシャンプー方法!頭がクサイのは洗い方のせい?

紫外線

紫外線対策として夏に日傘をする女性は多いかもしれませんが、実は年中降り注いでいます。紫外線は頭皮を乾燥させるだけでなく細胞にダメージを与えます。ジワジワとダメージが蓄積するので気づきにくいので厄介です。また、髪の毛もパサパサにしてしまいます。

しかし、年中室内にこもるわけにもいきません。なので、髪の毛の分け目を変えたり、頭皮の保湿をするなどの対策をするといいでしょう。

食生活

健康な頭皮は外側だけでなく内側からのケアをしてあげる必要もあります。極端なダイエットやバランスの悪い食生活、欧米型の食生活は肌のターンオーバーを乱し、健康な頭皮つくりを妨げます。

特にタンパク質やオメガ3系とオメガ6系などの必須脂肪酸、亜鉛、ビタミン類は私たちの皮膚のバリア機能を正常に保つためには欠かせない存在です。

乾燥肌の方で頭皮も乾燥しているのは、もしかしたら食生活が原因かもしれません。意識するだけでも全然違うので、心当たりがある方は食生活も考えましょう!

生活習慣

頭皮も肌ケアと同じで睡眠不足、ストレス、エアコンによって保湿機能は低下します。

肌を作る成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されますし、ストレスは自律神経を乱したり活性酸素を増やして肌を老化させます。

エアコンは空気を乾燥させ過ぎてしまうので、1日中空調の効いた部屋にこもるのは良くありません。

加齢

加齢によって頭皮の保湿を守っている皮脂の分泌は低下します。また、代謝の低下によって皮脂を皮膚全体に馴染ませるための汗の分泌も少なくなります。そのため、加齢による頭皮の乾燥は仕方ありません。

ですが、今までは大丈夫だったことでも頭皮は乾燥しやすくなるということなのでより対策が必要と言えます。特にシャンプーによるダメージは大きいので、できるだけ頭皮にやさしいシャンプーを使用しましょう。

頭皮も保湿してうるおいを与えよう!

頭皮も保湿してうるおいを与えよう!
頭皮を乾燥させる原因を避けることは必要ですが、椿オイルやバージンオイル、ホホバオイル、頭皮用美容液などで頭皮に直接うるおいを与えてあげるとより効果的です。

頭皮用美容液には潤いだけでなく抗菌や血行促進、消臭などの成分も配合されているものもあるので、頭皮環境を整えたり、臭いを防ぐには最適なアイテムと言えます。

乾燥がひどい場合はシャンプー後に使うといいでしょう。入浴後は頭皮の血行も良くなっているので、頭皮用美容液の有効成分も浸透しやすくなっています。

また、椿オイルやバージンオイル、ホホバオイルは頭皮のクレンジングとしても使えます。シャンプー前に頭皮につけてマッサージすることで毛穴につまった汚れを浮かせることができます。自宅でできるヘッドスパですね。

まとめ

頭皮の乾燥は臭いをキツくします。その原因は主に5つです。

  • 間違った洗い方や洗いすぎ
  • 紫外線
  • 食生活
  • 生活習慣
  • 加齢

頭皮の臭いを防ぐにはこれらの原因を避け、美容液やオイルによって頭皮に潤いを与えることが大切です。それが頭皮の臭い対策につながります。健康な頭皮を蘇えらせましょう!

おすすめの記事