トリートメントとコンディショナーの併用で頭の臭いが防げる?

シャンプーをした後にトリートメントとコンディショナーを使っていますか?また、正しい使い方をしていますか?

トリートメントとコンディショナーと言えば髪の毛をしっとりと綺麗にするためには欠かせないアイテムです。特に女性はより美しい髪をキープするために使っている方も多いのではないでしょうか。

実はこの美しい髪にするアイテム。頭の臭いを防ぐためにも使えます!それが髪の毛による臭い予防です。頭の臭いは頭皮から放たれるという印象がありますが、髪の毛からも臭いを放っています。それに対してトリートメントとコンディショナーが役立つのです。

ただし、正しい使い方をしないと効果は半減してしまいますよ!

トリートメントとコンディショナーの働きの違いとは?

そもそも「トリートメントとコンディショナーって何が違うのか?」。その点がハッキリと理解していない人もいるのではないでしょうか?

私も以前は知りませんでした。むしろ同じものだと思っていて、パスタとスパゲッティの違いのようにリンスをお洒落にしてるだけだという認識でした。ですがトリートメントとコンディショナーは働きは違います。この違いを知って今まで勿体ない使い方してたんだなぁと気づきました。

そこでまずはこの違いをハッキリとさせることが大切。それによってトリートメントとコンディショナーを効果的に使うことができ、結果的に頭の臭い予防に繋がりますよ。主な働きは以下の通りです。

主な働きの違い

トリートメントの働き

トリートメントは表面のコーティングと同時に髪の内部に浸透してダメージ部分の栄養を補給する働きをする。

コンディショナーの働き

コンディショナーは主に毛髪をコーティングする働きをする。リンスと同じようなものですが、リンスよりもコーティングする力が強いので最近ではトリートメントがよく使われるようになっています。

なぜトリートメントとコンディショナーで頭の臭いが防げる?

このトリートメントとコンディショナーの働きが頭の臭い予防に役立つのは、髪の毛からの臭い発生原因を防いだり、香りによるマスキング効果があるからです。

髪の毛のキューティクルを整えてくれる

髪の毛のキューティクルを整えてくれる
頭の臭いは主に頭皮から放たれますが、髪の毛が臭いの原因になることもあります。その要因となるのが髪に付いた傷や開きっぱなしのキューティクルです。これらが頭皮の臭いへと繋がるのです。

臭いの元となる雑菌は毛穴や髪の毛に多く存在します。よく頭皮が傷つくとそこに菌が入り込んで炎症を起こしたり、臭いの元となると言われていますが、それは髪の毛も同じです。傷ついていたりキューティクルが開いた状態は、そこに雑菌が入り込んで住処になり、臭いを発生しやすくさせます。

また、臭いは分子です。私たちが臭いを感じるのはその分子が嗅覚を感知する細胞にたどり着くことで臭いを感じます。臭いは分子と言われるくらいなので物凄く小さいです。そのため髪の毛に隙間があるとそこに臭い成分が入り込み、髪の毛自体から臭いがするようになります。

つまり、髪のキューティクルを整えたり毛をコーティングしてくれるトリートメントやトリートメントは、頭の臭い原因となる臭い分子や雑菌が髪の毛に入り込むのを防ぐので、頭皮の臭いを防ぐのに役立つのです。

香りによるマスキング効果が期待できる

トリートメントは髪の毛に浸透しますし、コンディショナーは毛髪に付着するためその香りが残ります。そのため髪の毛が長い人でトリートメントやコンディショナーをしている人は、汗をかいても汗臭さが目立たないのです。

ただ、頭皮からの臭いは防げないので髪の毛がいい匂いでも頭皮がクサければ混ざって逆に悪臭になることもあります。なので正しいシャンプー方法や頭皮ケアをして頭皮からの臭い予防も欠かせません。

正しいトリートメントとコンディショナーの使い方が臭いを防ぐ

どんなに良いアイテムも間違った使い方をしていては効果を発揮できません。トリートメントとコンディショナーの正しい使い方をして頭の臭いを予防しましょう!

使い方の順番に注意を!

洗髪時の使用する順番は、以下のようにするのが効果的と言えるでしょう。

  1. シャンプーをする
  2. トリートメントをする
  3. コンディショナー又はリンスをする

もしコンディショナーやリンスをトリートメントよりも先に使ってしまうと、髪の毛が先にコーティングされてしまい、トリートメントによる栄養を補給する効果が弱まってしまいます。

また、トリートメントを使用するときは髪の内部に栄養を浸透させるためにも、髪の毛に馴染ませたら少しの間放置します。蒸しタオルなどを使用すると効果的です。

私はトリートメントをつけてすぐに流していました。これではほとんど浸透せずにただ排水口に流しているだけですね。あ~、勿体無い事した(笑)。

頭皮に付けないこと!

トリートメントとコンディショナーは髪の毛が原因となる頭の臭い予防に役立ちますが、頭皮に付けると頭皮環境を悪化させる恐れがあるため気をつけましょう。

頭皮に付けないこと!

トリートメントやコンディショナーは髪の毛に油分与えたりして整えるものです。なので頭皮に使うものではありません。頭皮は元々皮脂が分泌されるので頭皮につけてしまえば、皮脂の過剰状態になってしまいます。その結果皮脂バランスが乱れて頭皮環境を悪化させてしまうこともあるので、髪の毛に対して重点的に使うようにしましょう。

それでも頭皮についてしまうのは仕方ないので、しっかりとすすぐことと出来るだけ人工香料やパラベンなどを使っていない頭皮にやさしい成分のものを選ぶといいと思います。天然成分のトリートメントやコンディショナーであればもし頭皮に残っても安心です。

そう考えるとリンスインシャンプーって、すすぎに気を付けないと頭皮によくないことが分かりますね・・・。

まとめ

頭の臭いは主に頭皮が原因という印象がありますが、実は髪の毛も原因となることがあります。それが髪の傷みやキューティクルの開きっぱなしの状態です。それを防ぐのにトリートメントとコンディショナーが役立ちます。

頭皮がそんなにクサくないのに頭から臭いがする場合や直ぐにその場所の臭いが染み込むのは、髪の毛が原因かもしれません。頭の臭い対策は頭皮だけでなく髪の毛にも注意を向けることが大切ですね!

おすすめの記事